映画『ジョーカー』

本当の悪は笑顔の中にある

 演技派俳優のホアキン・フェニックスを主演に迎え、孤独な男が巨大な悪へと変貌していく壮絶なドラマを描いたサスペンス・エンターテイメント『ジョーカー』が10月4日より公開される。

 第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、拍手喝采とブラボーの嵐と共に8分間のスタンディング・オベーションが巻き起こった。コンペティション部門の授賞式で最高賞となる「金獅子賞」を受賞した話題作。世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)でアメコミ作品が最高賞を受賞するのは初の快挙だという。

<ストーリー>コメディアンを夢見る、孤独だが純粋で心優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)。「どんな時も笑顔で」といつも言われてきた彼は「人々を楽しませること」を自身の使命だと思っていた。しかし、やがて彼は狂気溢れる悪のカリスマ“ジョーカー”へと変貌していく。切なくも衝撃の真実とはー。

公開日
2019年10月4日(金) [R15+]
監督・製作・共同脚本
トッド・フィリップス
共同脚本
スコット・シルバー
出演
ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ ほか
配給
ワーナー・ブラザース映画
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
OSシネマズミント神戸
TOHOシネマズ西宮OS
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ伊丹
アースシネマズ姫路

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

ピックアップで掲載中

続きを読む