このイベントは終了しました。

有馬富士公園『ありまふじフェスティバル’19秋』 三田市

ワークショップや飲食ブースなど 秋の公園を満喫

 兵庫県内でも最大規模の都市公園・県立有馬富士公園(三田市)で10月19日と20日、模擬店や飲食ブースなどが軒を連ねる『ありまふじフェスティバル’19秋』が開かれる。入場無料。

 園内には三田の民話をもとにして作られたカミナリの砦や鬼が富士といった子ども向けの大型遊具、四季の花々を鑑賞できるガーデン空間、かまどのある土間や、囲炉裏(いろり)のある板の間などを再現したかやぶき屋根の民家などを備え、週末には家族連れを中心に多くの人で賑わうという。毎年春と秋に開催される同イベントでは、ドングリやマツボックリといった森で手に入れられる素材を使ったクラフト作りをはじめ、自然を活かした手作りのプログラム「夢プログラム」を運営する地元住民メンバーによるワークショップのほか、公園散策とクイズを楽しむ“ぶらぶらビンゴ"、模擬店や飲食ブースなども展開される。一部プログラムは事前申し込みが必要。

 また当日は、JR「三田駅」北口と同園を結ぶバスの臨時便も運行される。

続きを読む