経済産業省×9/8「神戸コレクション」でランウェイショー「若手デザイナー支援コンソーシアム」

 9月8日に神戸ワールド記念ホール(神戸市中央区)で開催される日本最大級のファッションショー「神戸コレクション」は経済産業省とタッグを組み、今回で3回目となる連携プロジェクトとして若手ファッションデザイナーの BtoC 向けランウェイショーを行う。

 各種若手デザイナー支援策を官民が一体となり実施する「若手デザイナー支援コンソーシアム」。神戸コレクションはその協力機関として、昨年から連携プロジェクトによるショーを開催している。『神戸コレクション 2019 A/W』では若手デザイナー・半澤慶樹さんによる「PERMINUTE」、林 史佳さんによる「Fumiku」の2ブランドが登場。ショー開催直前となった現在の心境を、今回は福島県生まれの半澤慶樹さんにインタビューした。
イベント名 神戸コレクション 2019 AUTUMN/WINTER -ガールズフェスティバル
日時 2019年9月8日(日)11:30開場 / 12:30開演 / 20:00終演(予定)
1st stage 12:30~ / 2nd stage 14:30~ / 3rd stage 16:30~ / 4th stage 18:30~
場所 ワールド記念ホール
(神戸市中央区港島中町6-12-2)
GoogleMapで探す

掲載日:2019/9/6 18:50
Kiss PRESS編集部:田中

「PERMINUTE(パーミニット)」デザイナー・半澤慶樹さんにインタビュー

―ファッションの道を志したきっかけは?
半澤 高校が私服OKだったこともあり、自然と着るものへの意識は高まっていきました。そんな中、図書館で見つけたモード批評に関する本を読んだときに感じた、自分が着る以外のファッションの魅力に引き込まれたことです。
―自身のブランドコンセプトや、こだわりなどを教えてください。
半澤 ワンピースなどの形が独特です。ロジックにはまらない奔放なシルエットに魅力を感じていて、実際に人が着た時に新鮮に感じられるようなパターンカットを追求してきました。
―神戸のイメージ、思い出などはありますか?
半澤 港のある小洒落た街並みのイメージがあります。展示会を開いたりとビジネスで訪れることもある一方、そう頻繁に訪れる場所ではないので、たまに行くとちょっとした非日常感でワクワクしてしまいます。
―なぜ「神戸コレクション」に参加しようと思われたのですか?
半澤 普段は東京をベースにコレクションを発表しているのですが、そことは異なる層のお客さまにも見て頂けたらブランドとしても新たな気づきがあるのではないかと考えたからです。
―今回のショーの見どころは?
半澤 普段着ている洋服とは少し違うかもしれませんが、このショーを通して未来の人間の装いを想像できるようなきっかけになれば嬉しいです。
―これからの夢、目標を教えてください。
半澤 アジアをベースによりインターナショナルに活動していけるチームを作ることです。
―これからデザイナーを目指す方々に向けて、メッセージなどはありますか?
半澤 10代の頃に憧れた夢は、その後の人生を大きく左右する大事なものだと思うので、デザイナーとしてファッションに夢を持ってもらえるよう僕たちも頑張りますし、一日限りのお祭りを全力で楽しんで欲しいです。

人気の記事



Page Top