『白鶴錦 稲刈り』 多可郡多可町

 酒造メーカー・白鶴が独自に開発した酒米「白鶴錦」の稲刈りを体験するイベントが10月20日、多可郡多可町の村米圃場で開催される。参加申し込みは9月24日まで、ハガキまたはFAXにて受け付けている。

 「白鶴錦」は酒米の最高級品種として知られる「山田錦」の兄弟品種にあたる酒米で、「山田錦」に比べて粒と心白(中心部にあるでんぷん質)が大きく、酒にしたときの味わい深さが特長。同イベントでは、神戸市役所前から送迎バスで出発し、山田錦の発祥地とされる村米圃場で「白鶴錦」の稲刈り体験。そのほか、黒枝豆の収穫や、昼食時には日本酒や米などが当たる抽選会も行われる。
開催日 2019年10月20日(日)
※小雨決行
時間 8:15~16:30
場所 村米圃場
(多可郡多可町中区)
GoogleMapで探す
参加費 大人(中学生以上)3,000円、小学生1,500円
※昼食・土産付
※当日徴収
定員 50人
※応募者多数の場合は抽選
申し込み締め切り 2019年9月24日(火)消印有効
申し込み方法 公式サイトにて確認
問い合わせ 株式会社JTB西日本内「白鶴錦イベントデスク」
TEL 079-289-2120(平日9:30~17:30)

掲載日:2019/9/5 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡

人気の記事



Page Top