【10月12日のみ開催中止】兵庫県立明石公園『明石城まつり2019』 明石市

演舞や鷹狩フライトショーなど多彩なステージ

 兵庫県立明石公園(明石市)で10月12日から14日の3日間、『明石城まつり2019』が開催される。入場無料。

 明石城は今年で築城400周年のメモリアルイヤーを迎え、3月から11月まで多彩なイベントが行われている。同市の秋を代表するイベント『明石城まつり』も記念事業の一環として華やかに開催。ステージでは築城400年をテーマに、箏や太鼓の演奏とダンスを組み合わせたパフォーマンス、江戸時代に盛んに行われた鷹狩の文化を体感できるタカとミミズクによるフライトショー、歴史の語り部「春うらら組」による築城主・小笠原忠政(のちの忠真)を主人公とした物語などが展開される。会場では、日替わりで様々な催しを実施。昔懐かしい人力車による明石城観光やフリーマーケット、国指定重要文化財である巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)の一般公開、14日には手裏剣打ち体験などを楽しめる。

 また13日には、よさこいソーラン踊りを中心に華やかな演舞が繰り広げられる『第19回 明石子午線どんとこいまつり』も同時開催。チーム別踊りや総踊りなど、3つの会場で力強い踊りを鑑賞できる。

続きを読む