神戸市立博物館『神戸市立博物館名品展 -まじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美-』神戸市中央区

同館のあゆみやリニューアル についても紹介

 11月2日にリニューアルオープンする神戸市立博物館(神戸市中央区)では、リニューアル記念として『神戸市立博物館名品展 -まじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美-』が開催される。12月22日まで。

 1982年11月3日に開館した神戸市立博物館は今年で開館37周年を迎える。大規模リニューアル工事後初となる今回の展覧会では、約7万点のコレクションから厳選した名品の数々を一堂に展示。約2年ぶりに公開される名品の数々の魅力を伝えるほか、これまで同館のあゆみを振り返り、リニューアルについても紹介される。

 また、期間中は同館学芸員がテーマごとに実施する記念講演会、学芸員による展覧会の見どころ解説「イブニング・レクチャー」といったイベントも企画。そのほか、「ジュニアミュージアム講座(要申し込み)」や「親子鑑賞会」など子ども向けの催しも実施される。

重要文化財 南蛮屏風 桃山時代 16世紀末期~17世紀初期 狩野内膳[前期]神戸市立博物館蔵

期間
2019年11月2日(土)~12月22日(日)
場所
神戸市立博物館
(神戸市中央区京町24)
GoogleMapで探す
料金
一般1,000(800)円、大学生500(400)円
高校生以下無料
※( )は前売券、団体料金
開館時間
10:00~17:00
※最終入館は閉館の30分前まで
※土曜日は21:00まで開館
休館日
月曜日(祝日・振替休日の時は翌平日)
※11月4日(月曜・振休)は開館、翌日閉館
年末年始
その他の臨時休館日
問い合わせ
神戸市立博物館
TEL 078-391-0035

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む