このイベントは終了しました。

芦屋市谷崎潤一郎記念館『WHAT IS TANIZAKI?~多面体の文豪~』

様々な顔を持つ谷崎潤一郎の全貌に迫る

 芦屋市谷崎潤一郎記念館で、秋特別展『WHAT IS TANIZAKI?~多面体の文豪~』が9月14日から開催している。12月8日まで。

 4姉妹の日常生活を描いた平和で豊かな長編小説「細雪」で知られる文豪・谷崎潤一郎。同展では、一方で、少女にとりつかれ破滅するまでを描いた作品「痴人の愛」を執筆するなど、倒錯的な面や、猫好きで飼い猫を寵愛し、死後も剥製にして可愛がるといった一種異様な姿など様々な顔を持ち合わせていた谷崎の全貌に迫る。

日程
2019年9月14日(土)~12月8日(日)
場所
芦屋市谷崎潤一郎記念館
(芦屋市伊勢町12-15)
GoogleMapで探す
料金
一般400円、65歳以上200円、高校・大学生300円、中学生以下無料
休館日
月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)
問い合わせ
芦屋市谷崎潤一郎記念館
TEL 0797-23-5852

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む