『ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁』オープン

兵庫が誇るグルメ、銘酒が勢揃い

 阪急神戸三宮駅の西出口より徒歩で約3分の場所に、昭和レトロな雰囲気の横丁スタイルで22ブースが集う『ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁』が9月19日にオープンする。

 「郷土の食文化を通じてニッポンの風景を熱くする」という理念のもと神戸を中心に大阪・東京で各地の郷土飲食店を展開する株式会社ワールド・ワンの新業態。同店では、神戸が誇るグルメ「神戸牛ステーキ」をはじめ、神戸長田のB級グルメ「そばめし」、出汁で食べるふわふわとろとろの「明石玉子焼き」、神戸が発祥とされる「味噌だれ餃子」、生姜醤油で食べるおでん「姫路おでん」、香住の夏の風物として人気の「剣先いか姿造り」など県内各地のソウルフードや名物が勢揃い。そのほか、明石海峡・日本海で獲れた地魚が入った生け簀ブース、灘五郷をはじめとする県内60蔵以上の銘酒が揃う日本酒コーナーも展開され、兵庫の五国をイメージしたサワーやカクテルも提供されるという。

 平日は16時から、土日祝は12時から夜遅くまで営業され、ランチやディナーとしての利用だけでなく、小腹が空いた時にふらっと、仕事帰りの“ちょい飲み”など気軽に立ち寄ることができる。最大54人を収容する宴会席では、演芸場風のステージが設置され、生産者や蔵人をゲストに迎えるイベントなどを開催予定。

続きを読む