映画『いなくなれ、群青』

©河野裕/新潮社 ©2019 映画『いなくなれ、群青』製作委員会
 シリーズ累計90万部を誇る河野裕の大人気ミステリー小説を、横浜流星と飯豊まりえで実写映画化した『いなくなれ、群青』が9月6日より公開される。

<ストーリー>ある日、七草(横浜流星)は〈階段島〉にやって来た。ここは捨てられた人たちの島で、どうして僕たちがこの島に来たのか知る人はいない。この島を出るには、失くしたものを見つけなければいけない。七草の島の日常は平穏に過ぎていたが、幼馴染の真辺由宇(飯豊まりえ)に再会したことをきっかけに状況は一変する。「納得できない」と憤慨する真辺は、島から出るために、七草と周囲を巻き込みながら島にまつわる謎を解き明かそうとするが─。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。
公開日 2019年9月6日(金)
監督 柳明菜
脚本 高野水登
原作 河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫 nex)
出演 横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、伊藤ゆみ、片山萌美、君沢ユウキ/黒羽麻璃央
配給 KADOKAWA、エイベックス・ピクチャーズ
劇場(兵庫) OSシネマズ神戸ハーバーランド
アースシネマズ姫路

掲載日:2019/8/14 16:00
Kiss PRESS編集部:木下

人気の記事



Page Top