このイベントは終了しました。

『世界アルツハイマーデー記念講演会 ~認知症の人にやさしいまち~』 神戸市中央区

3人の講師が3つのテーマで講演会を実施

 兵庫県農業会館(神戸市中央区)で9月21日、『世界アルツハイマーデー記念講演会 ~認知症の人にやさしいまち~』が開催される。参加申し込みは8月31日まで。

 1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催され、会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病などに関する認識を高め、世界の患者に援助と希望をもたらすことを目的としている。神戸市では「認知症の人にやさしいまち~神戸~」に向けた取組みを進めており、毎年「世界アルツハイマーデー」の啓発活動として、市民向けに認知症への理解を高める講演会を実施。

 当日は、神戸市医療監・北徹さんが座長となり、神戸大学大学院保健学科研究科教授・古和久朋さん「神戸からはじまる認知症の人にやさしいまちづくり」、ギャラリー主宰・編集者の酒井章子さん「認知症介護で得たもの、失ったもの」、旭神経内科リハビリテーション病院院長・旭俊臣さん「認知症予防~千葉県松戸市での取り組み~」の3つのテーマでトークが繰り広げられる。

開催日
2019年9月21日(土)
時間
13:30~16:30(受付は13:00~)
場所
兵庫県農業会館
(神戸市中央区海岸通1)
GoogleMapで探す
参加費
無料
定員
300人
申し込み締め切り
2019年8月31日(土)
申し込み・問い合わせ
公益社団法人 認知症の人と家族の会 兵庫県支部
住所 〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1番10号 神港園しあわせの家内
TEL・FAX 078-741-7707
メール kazokunokai-hyogo@kobe.email.ne.jp

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む