このイベントは終了しました。

映画『ピータールー マンチェスターの悲劇』

目と耳を疑うーけれどもすべてが事実。

 〈ガーディアン紙〉創刊のきっかけとなり、現代民主主義の原点となった衝撃事件“ピータールーの虐殺”の全貌を描いた『ピータールー マンチェスターの悲劇』が8月9日より公開される。

<ストーリー>
1819年。ナポレオン戦争後の英・マンチェスター。英国では勝利を喜ぶのも束の間、経済状況が悪化し、労働者階級の人々は職を失い、貧しい暮らしを余儀なくされた。彼らに選挙権はなく、あちこちで不満が爆発し、抗議活動が炸裂。セント・ピーターズ広場で大々的な集会が開かれ、著名な活動家であるヘンリー・ハントが演説することに。あくまで平和的に自分たちの権利を訴えるデモ行進になるはずだったが、あろうことか、サーベルを振り上げた騎兵隊とライフルで武装した軍隊が6万人の民衆の中へと突進する─。

続きを読む