神戸ファッション美術館『Flowersモードに咲く花』 神戸市東灘区

「イブニング・ドレス」イブ・サンローラン、1968年
「カクテル・ドレス」クリスチャン・ディオール、1955年
「イブニング・ドレス」キャロ姉妹店、1909年頃
 六甲アイランドの神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で7月13日、夏休み特別企画展『Flowersモードに咲く花』が始まった。9月1日まで。

 同展では、「モードに咲く花」をテーマに、18世紀から現代までのヨーロッパやアジアの衣装、日本の着物、ディオールやサンローランなどトップデザイナーの作品、帽子、靴、バッグなど約150点を紹介。大正時代の「縮緬地(ちりめんじ)洋花蝶模様振袖」やロココ時代のドレス、ファッションブランド「KENZO」の 創設者・高田賢三さんらの現代服など、超絶技巧の刺繍や織りから生み出された花がモチーフの作品を一堂に展覧。世界の様々な衣から美しい花々を見て取ることができる。

 また会場には、復元された「ナポレオン戴冠式衣装」と一緒に撮影できるスポットが設けられるほか、試着用の民族衣装コーナー、ワークショップも実施される。
開催期間 2019年7月13日(土)~9月1日(日)
時間 10:00~18:00
※入館は17:30まで
場所 神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
料金 一般800円、大学生・65歳以上400円、高校生以下無料
※小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要
休館日 月曜日
※ただし7月15日・8月12日(いずれも月曜)は開館し、7月16日・8月13日が休館
問い合わせ 神戸ファッション美術館
TEL 078-858-0050

掲載日:2019/7/23 00:00
Kiss PRESS編集部:並木

人気の記事



Page Top