あまらぶアートラボ A-Lab『気配と存在』尼崎市

 あまらぶアートラボ A-Lab(尼崎市)で7月27日から『A-Lab Exhibition Vol.19 気配と存在』が開催される。9月23日まで。

 同展では、入江早耶、小林椋、中島伽耶子の3人の作家がそれぞれの表現方法で“向こう側”に見えない何かを感じさせる「気配」を持った作品を展開。入江さんは写真や絵画、印刷で記されたものを、消しゴムで消し取り、その消しカスで記されたものを立体的に表現する作品を制作。小林さんはカラフルなオブジェ、カメラ、モニターなどを複雑に配置し、映すもの、映るものなどが絡まりながら可動する装置を展開。中島さんは、日々刻々と変化していく太陽の光を部屋の中に取り込み、偶然性によって変わる様子に時の流れを感じる場を作り出す。担当者は「「気配」は観る側の意識や経験や感覚などの違いで、その感じ方も様々です。ぜひ、「気配」とその先にある何かの存在を感じてください。」と語っている。

 また、関連イベントとしてライブ・パフォーマンスや、アーティスト・トーク、ワークショップが催される。
日程 2019年7月27日(土)~9月23日(月・祝)
場所 あまらぶアートラボ A-Lab(えーらぼ)
(尼崎市西長洲町2-33-1)
GoogleMapで探す
時間 (平日)11:00~19:00
(土・日・祝)10:00~18:00
入場料 無料
休館日 火曜
関連イベント (1)ライブ・パフォーマンス
・日時 8月17日(土)18:00から
・場所 あまらぶアートラボ「A-Lab」
・定員 先着 30人(申込者は優先入場)
・申込方法 電話かメールで A-Lab へ連絡。
※メールで申込の場合、イベント名、住所、氏名、年齢、電話番号、人数を記載

(2)アーティスト・トーク
・日時 9月7日(土) 15:00から
・場所 あまらぶアートラボ「A-Lab」
・定員 先着 30 人(申込不要)

(3)ワークショップ「消しゴムカスで立体づくり」
・日時 9月8日(日) 13:00から
・場所 あまらぶアートラボ「A-Lab」
・定員 先着 10人(申込必要)
・申込方法 電話かメールで A-Lab へ連絡。
※メールで申込の場合、イベント名、住所、氏名、年齢、電話番号、人数を記載
問い合わせ 尼崎市文化振興担当(平日のみ)
TEL 06-6489-6385

あまらぶアートラボ「A - Lab」(火曜日休館)
TEL 06-7163-7108
メール amalove.a.lab@gmail.com

掲載日:2019/7/15 00:00
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top