映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベントに篠原涼子がサプライズ登場

 6月28日より公開となる映画『今日も嫌がらせ弁当』の公開直前イベントが6月24日に大阪府豊中市で開催された。

 本作は、主人公のシングルマザー(篠原涼子)が高校生の反抗期の娘(芳根京子)に3年間キャラ弁を作り続け、その様子をブログに投稿し人気を集めた、累計20万部突破のエッセイを原作に映画化。イベントでは、主題歌「楽しもう」を担当したフレンズによる映画や主題歌に関するトークが行われた。バンド初のシングルに収録される主題歌、そのオファーが来たときの心境についてボーカル・キーボードのひろせひろせさんは「いよいよ来ましたね、と思いました。主題歌を書いてほしいというのは夢だったので、初の自分たちの大きな出来事にワクワクが止まらなかったですね」とコメントし、映画については「泣いちゃいました。映画を見て、僕たちの曲が最後に流れて、この映画に関われていたんだ、この映画の最後を締められたんだなと」と感慨深そうに話した。

 その後、全国屈指の実力を誇る箕面自由学園の吹奏楽部・チアリーディング部総勢200人とコラボレーションし、主題歌「楽しもう」を披露。パフォーマンスで会場が沸く中、フレンズは「こんなスペシャルな編成で出来てとっても楽しかった(ボーカル・えみそん)」「都合が良ければ皆さん毎回ライブに来てほしいと思うぐらい素晴らしかった(ひろせひろせ)」と笑顔でコメントした。

 締めの挨拶を終えイベント終了かと思いきや「実は本日、もう1人のゲストにパフォーマンスをご覧いただいておりました」というアナウンスとともに主演の篠原涼子さんがサプライズ登場。観客の生徒だけでなく、パフォーマンスをした生徒にも秘密だったため、生徒の歓声は鳴り止まず。篠原さんはパフォーマンスを見た感想を問われると「すごい鳥肌たっちゃって、モニターで見ていたのですが、みなさんの元気なパワーがモニターを通じてビンビン感じて、吹奏楽の皆さんもチアの皆さんも本当にすごいなと思って。ここで一緒にご一緒出来たのが本当にすごくうれしいです。ありがとうございます!」と興奮気味にコメント。最後に「小学生も中学生も高校生も幼稚園の子も、いろんな層の方に観ていただけると思います。そして多分きっと高校生だから恋愛している人もいると思うんですね。好きな人がいたら「一緒に観に行こう」って勇気を振り絞って告白して、一緒に観に行って いただきたいと思います」と笑顔で話し、イベントを締めくくった。

 兵庫県下ではOSシネマズミント神戸、109シネマズHAT神戸、TOHOシネマズ西宮OSなど7劇場で上映される。

続きを読む