神戸どうぶつ王国 シマスカンクの赤ちゃん「ライト」一般公開

ミルクを飲む様子
 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で6月21日から、シマスカンクの赤ちゃんが一般公開される。

 シマスカンクは北アメリカに分布する食肉目の動物で、成体は25センチから40センチほど。白と黒の体色は警戒色と言われている。今回公開が始まるのは、同園で5月4日に誕生したオスのシマスカンク「ライト」で人工保育当初はわずか30グラム、体長は約6センチから8センチほどだったが、6月中旬時点で200グラム、約15センチから17センチに成長している。現在、日本動物園水族館協会加盟園館でシマスカンクを展示しているのは3ヵ所となっており、このサイズの赤ちゃんの展示は同園だけだという。

 一般公開後、毎日11時30分には展示スペースから出て、スタッフからミルクをもらって飲む様子を見ることができる。
一般公開開始日 2019年6月21日(金)~
場所 神戸どうぶつ王国 「ビーバークリーク」シマスカンク展示場横
(神戸市中央区港島南町7-1-9)
GoogleMapで探す
時間 平日10:00~17:00(最終入場16:30)
土・日・祝10:00~17:30(最終入場17:00)
入園料 〈通常〉
大人(中学生以上)1,800円、小学生1,000円、幼児(4歳・5歳)300円、シルバー(満65歳以上)1,300円
※シルバー料金は公的機関の年齢証明できるもの(運転免許証など)を提示

〈年間パスポート「キングダムパス」〉
大人(中学生以上)6,000円
小学生3,500円
幼児(4歳・5歳)1,000円
シルバー(満65歳以上)4,500円
問い合わせ 神戸どうぶつ王国
TEL 078-302-8899

掲載日:2019/6/20 00:01
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top