このイベントは終了しました。

伊丹市立図書館ことば蔵『ビブリオバトル』 伊丹市

おすすめ本の魅力を紹介 書評合戦イベント開催

 伊丹市立図書館ことば蔵(同市宮ノ前)で愛読書の書評を競い合うイベント『ビブリオバトル』が定期開催されている。参加無料。

 同館では隔月ごとに開催されている恒例イベントで、それぞれがテーマに沿って持ち寄った本を1人5分間でPRし、一番読みたくなった本を参加者投票によって決める書評合戦。5月には新元号にちなんで「新」がテーマとされ、脳科学者の黒川伊保子さんの著書「妻のトリセツ」が令和最初のチャンプ本となった。色んな本に出会えると全国各地で実施される人気のイベントで、7月は「手紙」、9月は「声」がテーマ。発表者(バトラー)としての参加には事前にことば蔵へ直接連絡もしくは公式Facebookから申し込みが必要。どの本が読みたくなったかを投票する観覧車(ギャラリー)は事前予約不要。

続きを読む