絵本キャラクター『くまのがっこう』と阪急電鉄がコラボ 「えほんトレイン ジャッキー号」が運行

「えほんトレイン ジャッキー号」のオリジナルストーリー『ときのおくりもの』
15作目 絵本『ジャッキーのしあわせ』(ブロンズ新社刊)
 株式会社キャラ研が展開する絵本シリーズ『くまのがっこう』と阪急電鉄のコラボレーション企画が7月から来年3月末まで実施される。

 2002(平成14)年の第1作目からこれまで222万部を超える部数が発行された大人気絵本シリーズ『くまのがっこう』は、森の寄宿舎で暮らす12匹のくまのこたちの物語。素朴で温かみのあるストーリーや、繊細で色彩豊かなアートが子どもから大人まで幅広い層に支持されているという。

 同企画の第1弾として7月7日から10月31日まで「えほんトレイン ジャッキー号」が神戸線、宝塚線、京都線の3線で、各1編成ずつ運行。繊細で色彩豊かに描かれた温かみのあるオリジナルストーリー『ときのおくりもの』を、列車の中吊りで展開するほか、ヘッドマークやドア横ステッカーも、すべて今回のコラボレーションのために描き下ろされたアートが使用される。

 担当者は「まるで絵本の中にいるかのような車内は、『くまのがっこう』ファンはもちろんのこと、「えほんトレイン ジャッキー号」にご乗車いただくすべてのお客様に、心温まるひとときを提供します」と語る。
運行期間 2019年7月7日(日)~10月31日(木)
対象車両 神戸線、宝塚線、京都線の各線に1編成ずつ(合計3編成)
※運行日時は不定期

掲載日:2019/6/19 00:01
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top