兵庫県立美術館『集めた!日本の前衛-山村德太郎の眼 山村コレクション展』

篠原有司男 《女の祭》1966 年 兵庫県立美術館(山村コレクション) ©Ushio +
Noriko Shinohara, Courtesy of ANOMALY
村上三郎 《作品〈空〉》1956/85
年 兵庫県立美術館(山村コレクション)©TOMOHIKO MURAKAMI
津高和一 《母子像》1951 年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
吉原治良 《作品》1966 年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
斎藤義重 《ペンチ》1967 年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
 兵庫県立美術館(神戸市中央区)で8月3日から9月29日まで「ICOM KYOTO 2019(国際博物館会議京都大会)」開催を記念した特別企画『集めた!日本の前衛-山村德太郎の眼 山村コレクション展』が開催される。

 西宮市に在住していた起業家の山村德太郎氏が収集した戦後日本の前衛美術の作品群「山村コレクション」は、個人の収集品としては貴重とされる大きさと質を備えている。山村氏の没後、その中から68作家による167点が同館に一括収蔵され、現在でも現代美術コレクションの核を担っている。

 今回の企画展では、これまで個々では度々展示されながらも、まとめて紹介されることが少なかった同コレクションを約20年ぶりに公開。さらに企画展示室に加え別棟のギャラリーも会場に過去最大規模の点数を展示する。

 期間中には関連イベントとして、鳥取県立博物館副館長による記念講演会(9月1日)、担当学芸員によるテーマ・レクチャー(8月24日、9月14日)、ギャラリー・ツアー(8月17日、9月21日)、小学生から高校生までを対象にした「こどものイベント」(8月10日)を実施。そのほか、ミュージアム・ボランティアによる見どころ案内(毎週日曜)なども予定されている。
期間 2019年8月3日(土)~9月29日(日) 
※月曜休館、但し8月12日、9月16日、23日は開館。翌火曜休館
場所 兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
GoogleMapで探す
開館時間 10:00~18:00
※金・土は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料 ・前売(8月2日まで販売)
一般1,100円、大学生700円

・当日
一般1,300円、大学生900円

※高校生以下無料
問い合わせ 兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

掲載日:2019/6/22 00:01
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top