このイベントは終了しました。

伊丹市立工芸センター 企画展『テキスタイルアート・ミニアチュール6―百花百触』 伊丹市

日本の作家100人と韓国の作家50人の作品合計150点を展示

 伊丹市立工芸センター(伊丹市)で7月6日から28日まで企画展『テキスタイルアート・ミニアチュール6―百花百触』が開催される。入場無料。

 染織の技法や繊維素材などを用いて「20×20×20センチ」の小さな空間に表現するテキスタイルアート・ミニアチュール。同展は日韓交流展と題し、日本の作家100人と韓国の作家50人の作品合計150点を展示する。また会期中には、弘益大学校教授・朴英蘭さんと大阪芸術大学客員教授・加藤義夫さんによる講演会や、フォトフレームの枠織りのワークショップも行われる。

 担当者は「それぞれの凝縮された世界をお楽しみください。」と来場を呼び掛けている。

開催期間
2019年7月6日(土)~28日(日)
※月曜休館、祝日の場合は翌日
時間
10:00~18:00(入館は17:30前まで)
※最終日は16:00まで
場所
伊丹市立工芸センター
(伊丹市宮ノ前2丁目5-28)
GoogleMapで探す
入場料
無料
関連イベント
「講演会」
開催日 7月6日(土)
時間 15:00~17:00
「韓国繊維芸術の多様性 -伝統と現代の融合」 朴英蘭(弘益大学校教授)
「現代美術からみたテキスタイルアート」 加藤義夫(大阪芸術大学客員教授)

ワークショップ「フォトフレームの枠織り」
開催日 7月21日(日)
時間 13:00~16:00
参加費 1,000円
人数 15人
参加対象 中学生以上
申し込み先 伊丹市立工芸センター
申し込み締め切り 7月14日(日)
問い合わせ
伊丹市立工芸センター
TEL 072-772-5557

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む