約38万本のヒマワリ「ひまわりの丘公園」小野市

 小野市にある「ひまわりの丘公園」のヒマワリが、毎年7月初旬頃から開花し、7月中旬に見ごろを迎える。

 夏にはヒマワリが、秋にはコスモスが花を咲かせ、季節ごとの”花のじゅうたん”を楽しむことができる同園では、毎年5月に草丈1メートル50センチ前後の「ハイブリッド・サンフラワー」や草丈約3メートルの巨大な「コング」が植えられる。シーズン中は2、5ヘクタールの土地に、約38万本のヒマワリが咲き誇り、雄大に咲くその姿を見ようと多くの観光客が訪れる。

また、「ひまわり畑」にはベンチが設置されており、ヒマワリに囲まれて写真を撮ることもできるほか、7月13日には「ひまわりまつり前夜祭」が開催され、昼はアイスやポン菓子販売、夜は播州小野太鼓やひまわりライトアップも実施。また14日には「ひまわりまつり」が開催され、露店や観光ブースが出店される。

 そのほか、同園にはヒマワリをモチーフにした直径8メートルの親水施設「遊べる噴水」があり、10分間運転、5分間休止の繰り返しで様々な噴水パターンの演出により、水遊びを楽しめる。
見ごろ 2019年7月初旬頃から
場所 ひまわりの丘公園
(小野市浄谷町1545-321)
GoogleMapで探す
入園料 無料
開園時間 8:30~17:00
イベント 13日(土)「ひまわりまつり前夜祭」
      ・昼の部10:00~15:00
      ・夜の部18:00~20:00
      ※ひまわりライトアップは19:30~21:00
14日(日)「ひまわりまつり」9:30~15:00
問い合わせ ひまわりの丘公園パークセンター(管理事務所)
TEL 0794-62-1147

掲載日:2019/6/21 00:01
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top