植垣米菓の加古川工房に巨大な3Dアートが登場

製作の様子
 鶯ボールや、丹波黒豆おかき、などで知られる植垣米菓株式会社の加古川本部工場の壁面に、“極秘プロジェクト”として進行していた壁画が5月に公開された。

 壁面には同社人気商品「鶯ボール」が出現。同プロジェクトは、「目にした方が少しでも笑顔になっていただければ」という思いを込め企画された。現代芸術アート団体 AU(Art Unidentified)メンバーで、2次元である絵を3次元(三角錐)に描いてみるという実験的な作品作りで数々の賞を受賞した大野えつしさんが約2週間かけ製作。本物さながらの巨大な「鶯ボール」を描いた。

 また、工房の敷地内にはおかきの直売所もあり、同社の製品を購入することができる。
公開時期 2019年5月
場所 植垣米菓株式会社 加古川本部工場
(加古川市平岡町高畑520−10)
GoogleMapで探す

掲載日:2019/6/4 16:00
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top