姫路市立美術館『奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 カタルーニャ近代美術の精華』姫路市

ルマー・リベラ《夜会のあとで》
1894年頃|油彩・カンヴァス|カタルーニャ美術館
© Museu Nacional d'Art de Catalunya,
Barcelona (2019)
アントニ・ガウディ(デザイン)、カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》|1904–06年頃|トネリコ材|カタルーニャ美術館(サグラダ・ファミリア建築委員会から寄託)|© Fundació Junta Constructora del Temple Expiatori de la Sagrada Família
ラモン・カザス《影絵芝居のポスター》
1897年|リトグラフ・紙
マルク・マルティ・コレクション
© Marc Marti Collection
 姫路市立美術館(姫路市)で6月29日から9月1日まで、『奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 カタルーニャ近代美術の精華』が開催される。

 同展ではスペイン・カタルーニャ自治州の州都であるバルセロナの芸術文化を特集。バルセロナの近代化を促進させた1859年の「都市計画」の誕生から、1936年から1939年のスペイン内戦に至るまでの約80年間を作品を通して探る。

 会場にはアントニ・ガウディ、ドゥメナク・イ・ ムンタネー、プッチ・イ・カダファルクといった建築家をはじめ、ラモン・カザス、サンティアゴ・ルシニョル、パブロ・ピカソ、ジュアン・ミロ、サルバドール・ダリなどカタルーニャが育んだ画家らの作品が集結。彫刻や家具、宝飾品、図面など様々なジャンルの作品を展示する。

 また、会期中には学芸員によるギャラリートークや子ども向けのギャラリーツアー「カタルーニャ語での絵本の読みきかせ」、評論家や教授による講演会、コンサートなども多数企画されている。
期間 2019年6月29日(土)~9月1日(日)
※月曜休館(但し祝日の場合は開館、翌日火曜が休館)
場所 姫路市立美術館
(姫路市本町68-25)
GoogleMapで探す
時間 10:00~17:00
※入館は16:30まで
観覧料 一般1200円、大高生600円、中小学生200円
問い合わせ 姫路市立美術館
TEL 079-222-2288

掲載日:2019/6/9 00:01
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top