食ビジネスのスタート支援事業『KOBE キッチンカーSTAND』

 神戸市は、多様な食文化を背景にした良質な都市イメージとマーケットを有するその特性を活かし、起業を通じた若者の定着とまちの賑わい創出を目指す取り組みとして、食ビジネスのスタート支援事業『KOBE キッチンカーSTAND』を実施する。

 市内で新たにキッチンカーで飲食店事業を開始する若者を対象に5月8日から31日まで募集され、39歳以下で本事業を契機に起業する者、神戸を拠点としたキッチンカー運営を目指す者、キッチンカーによる飲食店事業に対して熱意があり、持続的な経営が見込まれ将来性が認められる者が支援対象者となる。選定されると、キッチンカーによる飲食店事業を開始するにあたり必要な初期費用(キッチンカー改修費・営業許可申請手数料)に対して最大100万円までの補助、キッチンカー営業で重要な出店場所のサポート、経営ノウハウ習得、プロモーションなどの支援が受けられる。

 書類や実演による審査で7月上旬に支援対象者が選定。5月20日には、起業家による食ビジネス起業セミナー、キッチンカー実車見学会が行われる説明会も神戸起業操練所(神戸市中央区)で実施される。応募方法など詳細は公式サイトを確認。

続きを読む