明石海峡大橋や新神戸トンネルなど掲載『ひょうごの橋・トンネル150選』発刊

 兵庫県内全ての公立図書館や小学校、中学校、高校で『ひょうごの橋・トンネル150選』が4月初旬から随時配布される。また、4月1日から県の公式ホームページでも閲覧が可能。

 同冊子は、兵庫県政150周年を契機に五国の魅力を再発見できる機会を作ろうと企画されたもので、県内にある橋やトンネルの中から景観、技術、歴史的背景など様々な特徴を持つ全159施設を紹介している。

 カテゴリーは5つに分けられており、「ナンバーワン」では明石海峡大橋や新神戸トンネルなど“ナンバーワン”の特徴を持つ施設を紹介。「技術」では構造形式や工法などに特徴がある神子畑鋳鉄橋、平木橋、金慶橋、新名神武庫川橋などが時代ごとに掲載されている。「景色」では景観に特徴がある施設を、五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)ごとに紹介。ほかにも歴史的な経緯に特徴のある施設を紹介する「物語」や、珍しい形状など特徴のある施設を紹介する「いろいろ」といったカテゴリーが設けられている。

続きを読む