このイベントは終了しました。

姫路市書写の里・美術工芸館 開館25周年・春季特別展示『没後20年 清水公照の世界』 姫路市

陶板「人盡楽」
 姫路市書写の里・美術工芸館(姫路市)で4月13日から6月2日まで、開館25周年・春季特別展示『没後20年 清水公照の世界』が開催される。

 清水公照(しみず こうしょう)は同館の名誉館長も務めた華厳宗の僧侶。今回は開館25周年・没後20年の節目に、自身が制作した作品や、芸術家との交流を物語る作品など当時の写真をまじえながら功績が紹介される。主な出品作品は、巻物「修二会絵日記」 清水公照絵 紙本着色(昭和43年制作)、陶板「人盡楽」や甕「鶴の図 笑吟山色」などの作品約70店と版画、茶碗、硯など自身のコレクション約40点の計約110点。

 また会期中には、展示解説会(4月21日・5月18日)やワークショップ「アートキャンプ 陶芸教室」(5月3日)、書写の里ミニコンサート「大正琴の調べ」(5月19日)などの関連イベントも行われる。
【関連イベント】
「展示解説会」
開催日 4月21日(日)・5月18日(土)
時間 13:30~14:30
参加費 入館料のみ

ワークショップ「アートキャンプ 陶芸教室」
開催日 5月3日(金・祝)
時間 (1)10:00~12:00(2)13:00~15:00
参加費 1,000円
定員 50人
申し込み 4月23日(火)までに往復はがきかホームページから申し込み。応募多数の時は抽選

書写の里ミニコンサート「大正琴の調べ」
開催日 5月19日(日)
時間 (1)13:00~13:40(2)14:30~15:10
料金 入館料のみ
開催期間 2019年4月13日(土)~6月2日(日)
※月曜休館、月曜祝日の場合は開館、翌火曜休館
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 姫路市書写の里・美術工芸館
(姫路市書写1223番地)
GoogleMapで探す
入館料 一般300円、大学・高校生200円、中学・小学生50円 (20名以上の団体は2割引)
問い合わせ 姫路市書写の里・美術工芸館
TEL 079-267-0301

掲載日:2019/3/21 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡

人気の記事



Page Top