このイベントは終了しました。

神戸文学館 企画展『モダニズムの原風景 竹中 郁と原田の森』 神戸市灘区

再現書斎や著作、描いた絵画などを展示

 神戸文学館(神戸市灘区)で6月9日まで、企画展『モダニズムの原風景 竹中 郁と原田の森』が開催されている。

 同展は港町のモダニズムを代表する文学者・神戸出身の詩人である竹中郁にスポットを当てた展覧会。竹中郁は90年ほど前の関西学院原田の森キャンパスに通っていた神戸文学館ゆかりの文学者として知られている。再現書斎や著作(詩集など)、描いた絵画、ゆかりの品、関西学院時代の写真などが展示され、同氏の原風景を探る。

 また会期中の5月25日には、武庫川女子大学講師・小泉京美さんによる記念講演「海港詩人倶楽部の夢 モダニズム前夜の竹中郁」も催される。

開催期間
2019年3月8日(金)~6月9日(日)
※水曜休館、祝日の場合は翌日休館
開館時間
・平日 10:00~18:00
・土日祝日 9:00~17:00
場所
神戸文学館
(神戸市灘区王子町3-1-2)
GoogleMapで探す
入館料
無料
関連イベント
「海港詩人倶楽部の夢 モダニズム前夜の竹中郁」
開催日 5月25日(土)
時間 14:00~15:30
参加費 200円
講師 小泉京美さん(武庫川女子大学講師)
定員 50人
申し込み 神戸文学館で直接、または電話で申し込み
申し込み・問い合わせ
TEL 078-882-2028

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む