このイベントは終了しました。

能勢電鉄 川西能勢口駅 停止車両で『えんとつ町のプペル』VR上映

約15分間のVR作品を車内で上映

 能勢電鉄 川西能勢口駅(川西市栄町)の5番ホームで2月10日、キングコング・西野亮廣さんが描いた絵本『えんとつ町のプペル』を題材としたVRコンテンツの上映が行われる。

 4000メートルの崖に囲まれ、外の世界を知らない町を舞台に描いた絵本「えんとつ町のプペル」は、西野さんが業界の常識を覆す完全分業制で制作したことでも話題となり、累計発行部数38万部を突破した人気作品。本作にちなんだイベントが全国各地で開催される中、クリエイティブ活動を行うプロデュース集団「Zero-Ten」とVRコンテンツをはじめとするCG制作を行う「Moonshot」が協業で、本作の世界観を再現した約15分間のVR作品を制作した。監督は、6500万年前の恐竜世界を映し出す“空間移動型VR”「ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)」を手掛けた尾小山良哉さん。同作品は「移動式VR映画館」として展開され、最新のVRヘッドセットで外部スピーカーなど立体感のある音響環境のもと、参加者全員がバーチャルな世界の中で物語を共有体験できるという。

 西野さんの故郷となる川西市では、能勢電鉄で5番ホームに停車した車両を貸し切り、VRを上映するイベントを企画。料金は1回1500円。また、2月8日から3月15日までは大阪の商業施設「HEP FIVE」内にある「VR ZONE OSAKA」で一般上映会も実施される。詳細は公式サイトを確認。

続きを読む
(default) 0 query took ms
NrQueryErrorAffectedNum. rowsTook (ms)