このイベントは終了しました。

ポーランド陶器『ポーリッシュ・ポタリー展 by KERSEN』芦屋市

 今年で20周年を迎える芦屋の複合ビル「スペースR」の3階「Gallery R」で2月9日から17日まで『ポーリッシュ・ポタリー展 by KERSEN』が開催される。

 ポーランド食器の代表格「ポーリッシュ・ポタリー(ボレスワヴィエツ陶器)」のセレクトショップが期間限定でオープン。ボレスワヴィエツ陶器の絵柄の種類は1社当たり数百から2000種類にも及ぶといい、東欧らしい温かみのある器の形と相まり独特の色彩と質感を持つユニークな陶器として人気を博している。良質な陶土を使って焼き上げるため、絵柄のついた食器には珍しく電子レンジやオーブンでも使用できるのが特徴。

 期間中はティーセット、マグカップ、プレート、把手付きの小鉢など、食器としてはもとより花瓶や小物入れとしても使える可愛いデザインの陶器が並ぶ。また、「ubdy(ウブディ)」の木の器やカトラリー、カッティングボード、花隈のカフェ「cafe licht(カフェ リヒト)」の焼き菓子も販売されるほか、スペースR 1階カフェではポーリッシュ・ポタリーを使った特別メニューも登場する。さらに、2月11日には冬キャベツを使ったポタージュを作るワークショップ「ねきのスープ&cafe lichtのスコーンの会」も実施(要申し込み)。
期間 2019年2月9日(土)~17日(日)
時間 11:00~20:00
場所 スペースR 3階「Gallery R」
(芦屋市茶屋之町1-12)
GoogleMapで探す
関連イベント ワークショップ ※要申し込み
「ねきのスープ&cafe lichtのスコーンの会」
日時:2月11日(祝・月)13:00~/15:00
定員:各回8人
内容:冬キャベツのポタージュと2種のスコーン(ミルクティー付)
参加費:2,500円(税別)
持ち物:エプロン、ハンドタオル、筆記用具
予約はこちらから
問い合わせ スペースR
TEL 0797-38-2949

掲載日:2019/1/14 00:01
Kiss PRESS編集部:木下

人気の記事



Page Top