このイベントは終了しました。

姫路文学館 企画展『俳人 五十嵐播水展』 姫路市

高浜虚子最後の直弟子といわれた姫路市野里出身の俳人

 姫路文学館(姫路市)で2月9日から4月7日まで企画展『俳人 五十嵐播水展』が開催される。

 五十嵐播水(1899~2000)は高浜虚子最後の直弟子といわれた姫路市野里出身の俳人。『播水句集』や『埠頭』、『石蕗の花』など多くの句集・著作を発表したほか、姫路市内の書写山や播磨國総社、野里小学校などには句牌も建てられている。同展は生誕120年を記念して、101歳の天寿を全うしたその生き方と作品世界を紹介する展覧会で、著作をはじめ、掛け軸や色紙、日記、句帳などを見ることができる。

 また会期中の3月3日には、姫路市出身の哲学者・和辻哲郎を記念して創設された「和辻哲郎文化賞」の授賞式典も開催。記念講演には小説家の京極夏彦が登壇し「物語と小説 怪しさを語る事」をテーマに語られる(要申し込み)。

開催期間
2019年2月9日(土)~4月7日(日)
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
姫路文学館
(姫路市山野井町84)
GoogleMapで探す
休館日
月曜、2月12日(火)、3月22日(金)
※ただし2月11日(月)は開館
観覧料
一般300円、高校・大学生200円、小学・中学生100円
※20人以上の団体は2割引き
関連イベント
「第31回和辻哲郎文化賞授賞式」
開催日 3月3日(日)
時間 13:30~16:00
場所 姫路市市民会館(姫路市総社本町112)
GoogleMapで探す
参加費 無料
申し込み締切 2月15日(金)消印有効
申し込み方法 公式サイトにて確認
問い合わせ
姫路文学館
TEL 079-293-8228

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む