『神戸国際会館SOL』リニューアル 新館開業20周年記念事業

 神戸国際会館(神戸市中央区)は来年4月に新会館開業20周年を迎え、その記念事業の一環として商業施設SOL(ソル)が3月にリニューアルオープンする。出店店舗など詳細は随時発表。

 再整備や駅の大型開発が計画される三宮に建つ同施設は、「NEW FOR CLASSIC 新たな神戸の美しいくらし」をテーマに流行に囚われず、質の高い商品を長く愛用とするという“神戸らしい”ライフスタイルを提案する施設に生まれ変わる。新規・移転・既存店舗の改装を含め、全体の約7割をリニューアル、店舗は53店舗を予定(現在54店舗)。

 担当者は「課題である新規入館数を増やすため詳細なターゲットをなくし、神戸に暮らし・訪れるすべての人をターゲットに。関西、全国へ知名度を上げ、これまで重要視していなかった観光客も取り込みブランドの確立を狙いたい。神戸の特徴を活かした地元ブランドを充実させ、神戸・三宮地区の活性化に貢献できる施設を目指す」と話している。
オープン日 2019年3月(予定)
施設 神戸国際会館SOL
(神戸市中央区御幸通8-1-6)
GoogleMapで探す

掲載日:2018/12/9 16:00
Kiss PRESS編集部:木下

人気の記事



Page Top