第19回あじさいまつり

標高753mで眺める 空とあじさい 2つの「青」

第19回あじさいまつり

 阪神地域の最高峰である大野山(おおやさん)の山頂付近一体に広がる大野アルプスランドで、「第19回あじさいまつり」が開催される。
 標高753mの大野山の山頂部は平地より気温が4~5度低いことから、通常よりあじさいの開花時期は遅く7月上旬が見頃となっており、約50種類、約16,000株のあじさいが、およそ3haの山の斜面に植栽されている。
 イベントでは各日先着700名に、地元で採れた新鮮野菜のプレゼントや、猪名川町観光ボランティアガイドによる大野山奇形巨岩をめぐるツアーなどが実施されるほか、ステージイベント、模擬店の出店などが行われる。また当日は、大野アルプスランド内の「猪名川天文台アストロピア」が通常13時開館のところ、10時からオープンし、真昼のプラネタリウムを楽しむこともできる。例年3,000人から4,000人が訪れるなど、広く評判を集めている。

写真

詳細情報

タイトル
第19回あじさいまつり
開催日
7月5日(土)・6日(日)
開催時間
10:00~16:00
開催場所
大野アルプスランド
(猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1-1)
アクセス
能勢電鉄「日生中央駅」から「柏原行」の阪急バス「柏原」下車、徒歩60分
※無料駐車場あり(50台)
問い合わせ
猪名川町役場産業観光課 072-766-8709
柏原生産森林組合 072-766-0836

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる