KIITOでアフリカンエンターテインメントショー『AfricAfricA』

このイベントは終了しました。

アフリカフードや雑貨販売も

KIITOでアフリカンエンターテインメントショー『AfricAfricA』

 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO/神戸市中央区)の2階STAGE FELISIIMOで12月16日、アフリカンミュージックグループ「BALANGOMA」と、アフリカンペイントアーティスト「SHOGEN」によるエンターテインメントショー『AfricAfricA』が開催される。

 ブルキナファソ出身のアーティスト、ベノワ・ミロゴさんと、ケニアで8年間太鼓修行をしてきた大西匡哉さん、日本人パーカッショニスト・山北紀彦さんの3人によって結成された「BALANGOMA」は、アフリカ西東の様々な音色が混ざり合って生み出される“新感覚アフリカンサウンド”を披露。ペンキを画材に鮮やかな色彩で描く「SHOGEN」は、動植物を題材に“生きることへの喜びと感謝”を表現する。

 「内なる感情を音楽で解き放つ」をテーマに実施される同イベントでは、2組のパフォーマンスのほか、“アフリカンリラクゼーション”をコンセプトにしたカフェ「Kollere(コレリ)」によるフード出店、アフリカの民藝品・手仕事雑貨を扱う元町の喫茶店「moja(モジャ)」やアジア・アフリカ雑貨店「Metri(メットリー)」、アフリカ雑貨「kwa MALOGO(クワァマロゴ)」など6店舗による雑貨販売も実施。

 また、オープニングアクトとして西アフリカの伝統打楽器・ジャンベを使って演奏する「Yoh」と西アフリカの踊りを披露する「MAKO」が出演し会場を盛り上げるほか、開幕後はダンスフロアとして会場で自由に楽しめる。主催者は「悲しい時も太鼓叩いて踊って歌い、 幸せな時も太鼓叩いて踊って歌う。アフリカの音楽は、生活の音や喋り声、すべてがリズムの中にあって心地よいのです。五感でアフリカの魅力に触れてください」と参加を呼びかけている。

写真

詳細情報

日時
2018年12月16日(日)
開場 15:00、開幕 16:00、閉幕 18:30、閉場 19:30
場所
デザイン・クリエイティブセンター神戸
2F STAGE FELISSIMO
(神戸市中央区小野浜町 1-4)
GoogleMapで探す
料金
前売4,000円、当日4,500円
※購入はこちら
※ワンドリンク付き

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む