『OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA Ⅰ ~フランスからみた手塚治虫~』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

『OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA Ⅰ ~フランスからみた手塚治虫~』

海外の視点を介して新たな手塚治虫の魅力を発見

 宝塚市立手塚治虫記念館(宝塚市)で11月3日から12月24日まで、第75回企画展 生誕90周年記念『OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA Ⅰ ~フランスからみた手塚治虫~』が開催される。

 フランス西部の都市アングレームでは毎年、フランス語圏の漫画の祭典「アングレーム国際漫画祭」が行われており、45回目を迎えた2018年は手塚治虫の生誕90周年を記念して、手塚治虫をテーマとした特別展覧会「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA」が開催された。手塚治虫記念館の企画展では、その凱旋展を第75・76回の2回に分けて実施。フランスのキュレーターが企画したアングレームでの開催内容を極力そのままで見ることができる。

 同展は年次に合わせた5章で構成されており、1回目となる今回は1章から3章までを公開。1947年に出版された最初の長編『新宝島』をはじめ、1950年初頭に誕生した同氏の代表キャラクター『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』、1970年代に未完のまま3巻で連載終了した『バンパイヤ』など様々な作品の原画と原稿、約100点が展示される。

 また会期初日には「生誕90周年お祝いイベント」を開催。90周年を記念してデザインされたICカードステッカーの配布(数量限定)をはじめ、手塚本人が出演した回の「鉄腕アトム」の上映、館内クイズラリー、メッセージボードの設置などが行われる。そのほか、関連イベントとして同企画展をキュレーションしたステファン・ボージャンさんと手塚に縁のあるクリエーターによるトークショーも実施される予定。

写真

詳細情報

開催日
2018年11月3日(土・祝)~12月24日(月・祝)
開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所
宝塚市立手塚治虫記念館
(宝塚市武庫川町7-65)
GoogleMapで探す
入館料
大人700(560)円、中高生300(240)円、小学生100(80)円
※()内は10人以上の団体料金
問い合わせ
宝塚市立手塚治虫記念館
TEL 0797-81-2970

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる