このイベントは終了しました。

映画『GODZILLA 怪獣惑星』

滅びるのは、人か、ゴジラか。

 未来の世界を舞台に、2万年もの間地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語を描いたアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』が11月17日に公開される。

<ストーリー>巨大生物「怪獣」の出現とその怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ねついに地球脱出を計画する。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eは、人類が生存可能な環境ではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ(宮野真守)は4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年もの間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。やがて、移民の可能性を閉ざされた人類は地球に戻ることを決意するが、帰還した地球はすでに2万年の歳月が経過。地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた—。

続きを読む