神戸ゆかりの美術館 特別展『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』

このイベントは終了しました。

神戸ゆかりの美術館 特別展『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』

萩尾望都のSF作品に焦点を当てた原画展。カラーイラストやコミック生原稿など約400点のSF原画が集結

 9月9日から神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で、漫画家・萩尾望都さんのSF作品に焦点を当てた特別展『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』が開催される。11月5日まで。

 萩尾望都さんは1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降『ポーの一族』や『トーマの心臓』など多くのヒット作を世に送り出し、1970年代の少女漫画黄金期を築いた漫画家。現代もなお最前線で活躍し、2012年には少女漫画家として初めて紫綬褒章を受章した。幅広いジャンルを手掛ける萩尾さんの作品の中でも、1975年に発表された『11人いる!』は従来の少女漫画では例を見ない本格的なSF作品として注目され、以後も『スター・レッド』、『マージナル』などのSF作品を発表。同展では日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾さんのカラーイラストレーションやコミック生原稿など、約400点のSF原画が展示される。

 また、9月9日には萩尾さんと、『有頂天家族』や『夜は短し歩けよ乙女』などの作品で知られる小説家・森見登美彦さんの対談企画も実施。さらに小学生を対象とした万華鏡づくりのワークショップも開催され、どちらも事前予約を受け付けている。

写真

インタビュー写真

詳細情報

タイトル
特別展『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』
開催期間
2017年9月9日(土)〜11月5日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
アクセス
六甲ライナー「アイランドセンター駅」から南東へ徒歩すぐ
入館料
一般 900円(750円)、大学生 700円(550円)、高校生 500円(400円)、小中学生 350円(250円)
※( )内は20人以上の団体割引料金
※神戸市すこやかカード提示者は一般当日の半額
※のびのびパスポート提示者は無料
※神戸市立博物館、神戸ファッション美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)持参で割引
休館日
月曜(ただし9月18日、10月9日は開館。翌日休み)
問い合わせ
神戸ゆかりの美術館
TEL 078-858-1520

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる