神戸市全域で一斉実施『1.17神戸市シェイクアウト訓練』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

神戸市全域で一斉実施『1.17神戸市シェイクアウト訓練』

地震時に身を守る「3つの安全行動」を実施

 阪神・淡路大震災から22年となる2017年1月17日、地震が発生した際の安全行動を確認する『1.17神戸市シェイクアウト訓練』が実施される。公式サイトまたはFAXにて参加登録受付中。

 「シェイクアウト」とはアメリカ発祥の一斉防災訓練で、参加の意思があれば場所を選ばず誰でも参加できる手軽さから、日本でも多くの市町村で行われている。神戸市ではこれまで2回開催されており、前回は約30万人が参加した。

 訓練当日の朝10時に、防災行政無線や「Yahoo!防災速報アプリ」などから訓練開始の合図が発信されると、参加者はその場で「DROP(まず低く)、COVER(頭を守り)、HOLD ON(動かない)」という地震の際の3つの安全行動を1分間実施する。また訓練開始から約3分後には「緊急速報メール(エリアメール)」が配信さる。この訓練をきっかけとして各家庭や職場、学校などで避難訓練や備蓄物資の確認を行う自主的な防災訓練「プラスワン訓練」の取り組みも推奨されている。

詳細情報

タイトル
『1.17神戸市シェイクアウト訓練』
実施日
2017年1月17日(火)
時間
10:00~1分間
場所
神戸市全域(参加者の最寄りの場所)
参加登録
公式サイトから。またはイベントチラシ裏面に必要事項を記入の上、FAX(078-322-6031)にて送付
問い合わせ
神戸市危機管理室シェイクアウト訓練担当
TEL 078-322-6482

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる