神戸阪急『アニメ 夏目友人帳展』神戸市中央区

 神戸阪急(神戸市中央区)で12月27日から1月8日まで、『アニメ 夏目友人帳展』が開催される。    白泉社の発行する「月刊LaLa」にて連載中の緑川ゆきの代表作「夏目友人帳」。同展は2008年からTVアニメ第一期が放送され、2018年9月には初の劇場版が公開された「アニメ夏目友人帳」の展示会。東京会場を皮切りに大阪、福岡、愛知、石川の順で巡回している人気の展覧会で9月には累計来場者数10万人を突破した。  TVアニメシリーズ・劇場版の貴重な資料や劇中に登場した切り絵を使用した展示、主人公・夏目貴志の部屋を再現したコーナー、物語の中でも印象的な“妖(あやかし)”に名前を返すシーンを実際に体験できるコーナーなどが設けられる。さらに、TVアニメシリーズのキャスト陣による音声ガイド、描き下ろしイラストを使用したオリジナルグッズも販売される。  前売券は11月1日よりローソンチケットで発売開始。また、兵庫会場の入場特典として「ニャンコ先生ダイカットステッカー」が来場者に配布される。

ベトナム民族音楽演奏も『ベトナム文化 講演会・民族音楽演奏会』神戸市兵庫区

 みなとがわホール(神戸市兵庫区)で11月22日、『ベトナム文化 講演会・民族音楽演奏会』が開催される。  兵庫区内には日本語学校があることから、ベトナム人留学生が急増しているという。同イベントでは、ベトナム人留学生が増加している背景や、日本とベトナムの文化・風習の違いを知ることから、地域との交流の輪を広げようと催される。  講演会では、神戸市市長室国際課(神戸市多文化交流専門員)・ダン チュン フンさんを講師に、講演会「ベトナムってどんな国!?~知ってみよう、近づいてみよう、そしてつながりつくろう!~」が行われる。その後は、竹で作られたベトナムの民族音楽「トルン」の演奏を、ピアノ伴奏付きで実施。

『カーミンの収穫祭』 神崎郡神河町

 カーミンの観光案内所前広場(神崎郡神河町)で11月23日、『カーミンの収穫祭』が開催される。入場無料。  同祭は「寺前楽座まちの灯り」「寺前駅前銀座商店会」と合同開催。ハンバーガーやうどん、ピザ、魚の塩焼きといったグルメの販売をはじめ、キッズダンスやハワイアンフラなどのステージベントも行われる。そのほか、地域対抗歌合戦やすき焼き肉が当たるスタンプラリー、手形アートなど多彩な催しを実施。さらにチラシを持参すると、新米のつめ放題と神河の名水のプレゼントもある(数量限定)。

イオンモール神戸北『ENJOY SPORTS ~スポーツで輝け!ひょうご~』

 イオンモール神戸北(神戸市北区)で11月23日と24日に『ENJOY SPORTS ~スポーツで輝け!ひょうご~』が開催される。  兵庫県が主催する同イベントでは、アスリートが出演するステージイベントやスポーツ体験を実施。  トークショーには元全日本女子代表監督の眞鍋政義さんや柔道シドニーオリンピック銀メダリストの篠原信一さんが登場。さらにトークステージ・デモンストレーションには卓球パラリンピックアスリートの別所キミヱさんが出演する。  そのほか、ご当地キャラクターによるグリーティングや親子で参加できるスポーツ体験会も実施。ボッチャ、ボート競技、オリエンテーリング、車いすバスケットボールなどを体験できるという。

神戸どうぶつ王国 今日は何の日?世界〇〇の日イベント『世界トイレの日』

 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で11月23日と24日に『今日は何の日?世界〇〇の日イベント「世界トイレの日」』が開催される。  同イベントは11月19日の“世界トイレの日”にちなみ、飼育員が動物たちのトイレについてパネルや本物の糞を用いながら講義形式で話を行うというもの。  飼育員にとって動物たちの糞や尿が日々の健康チェックのために必要であることや、糞の形や色、ニオイが動物によって多種多様であることなどが伝えられる。

神戸三宮シアター・エートー『神戸インディペンデント映画祭』 神戸市中央区

 公募による映像作品などを上映する『神戸インディペンデント映画祭』が11月29日から12月1日の3日間、神戸三宮シアター・エートー(神戸市中央区)で開催される。現在、前売りチケットを販売している。  同イベントは、市内各地で神戸のクリエイターを応援する上映イベント『神戸クリエイターズミートアップ』などを企画してきた有志による手作りの映画祭。期間中は、全国から公募により選ばれた短編(20分以内)部門12作品と中編(60分以内)部門13作品に加えて、地元応援プログラム「KOBEセレクション」として神戸や関西を中心に活動する映像クリエイターが手掛けた7作品が上映される。また、映画業界研究トークセッション「おしえて!映画宣伝のセカイ」や、スペシャルトークセッション「映画の明日はどっちだ」といった企画も用意されている。  また、自主制作映画を初めて鑑賞する人を対象に、コンペ部門上映作品がつまらなければプログラムチケット料金を返金する「はじめて特典」も実施する。

ららぽーと甲子園『LaLaport Merry Shopping Christmas』西宮市

 三井ショッピングパーク ららぽーと甲子園(西宮市)を含む、ららぽーと全15施設でクリスマスフェア『LaLaport Merry Shopping Christmas』が開催されている。12月25日まで。  「12月25日の本番以上に、クリスマスへ向けてうごきだす“支度”も楽しんでほしい」と、クリスマスにちなんだ7つのコンテンツを各施設で実施。  ららぽーと甲子園では、食卓を華やかに彩るチキンやローストビーフなどを販売する「ごちそうクリスマス(12月上旬〜)」をはじめ、クリスマスプレゼントにぴったりなデコレーションやラッピングの販売・サービス「デコクリスマス(12月上旬〜)」、特別な一夜を盛り上げる音楽を提案する「ミュージックリスマス」、ヘクセンハウス(お菓子の家)などクリスマスグッズを作る「てづクリスマス(12月上旬〜)」が行われる。各イベントの詳細は特設サイトを確認。

『第20回兵庫県雪合戦大会』参加者募集 美方郡香美町

 香美町立小代中学校グラウンド特設会場で行われる毎年恒例の『兵庫県雪合戦大会』が来年2月1日と2日に開催される。現在参加者を募集中。申し込みは12月6日まで、定数になり次第受付終了。  同大会は、一般(中学生以上)・レディース(女性のみ、中学生以上)・ジュニア(小学生のみ、男女混合可)の各部門に別れ、チーム対抗リーグ形式で競う。ルールは、7人から10人の選手で1チームとなり、36メートル×10メートルのコート上で、相手チームのフラッグを抜くか、雪球が当たらなかった選手の数などで勝敗を競う。    各部門上位3チームが表彰され、一般及びレディースの部の優勝チームには、兵庫県知事杯が贈られるほか、北海道の昭和新山で行われる国際雪合戦大会への参加資格も授与される。

『第25回 神戸ルミナリエ』点灯式

 阪神・淡路大震災が発生した1995年に初めて開催され、今回25回目の開催となる神戸の冬の風物詩『神戸ルミナリエ』が旧外国人居留地および東遊園地(神戸市中央区)で12月6日から15日まで開催される。  初日12月6日18時前には点灯式を実施。三井住友銀行神戸営業部前広場で黙祷、神戸ルミナリエの紹介、神戸市立高羽小学校・しあわせを運ぶ合唱団約130人による「しあわせ運べるように」の合唱の後、点灯が行われる。たくさんの電球が一斉に灯る瞬間はなんとも感動的で、毎年会場からは大きな歓声があがっている。  今回の作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」。総延長約270メートルに渡り光の作品が並ぶメインストリート・仲町通りをはじめ、第1回で使用していた白熱電球による壁状作品の設置や、東遊園地の広場に初登場する光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む高さ約21メートルもの巨大なドーム状の作品などが見どころとなっている。

国営明石海峡公園神戸地区「あいな里山公園」の紅葉が見ごろに 神戸市北区

 国営明石海峡公園神戸地区「あいな里山公園」(神戸市北区)の紅葉が見ごろを迎えている。期間は11月下旬頃まで。  同園では現在、藍那口の横の大もみじや、切通し(蓮田の手前)のエノキ、代ヶ谷棚田のススキやオギなどの木々が紅葉になっているほか、11月下旬になると、園内各地の雑木林でコナラ、アベマキなどの落ち着いた紅葉が楽しめる。担当者は「11月末頃まで晴れた日のあいな里山公園は絶好の散歩道となります。本格的な冬が始まる前に、ぜひゆったりのんびりとした“晩秋タイム”を過ごして貰えれば」と来園を呼び掛ける。

三軒寺前広場『第8回 伊丹クリスマスマーケット』 伊丹市

 ハンドメイドの雑貨やクリスマスグッズなどが展示・販売される『第8回 伊丹クリスマスマーケット』が12月1日、伊丹市の三軒寺前広場で開催される。入場無料。  まちの活性化などを目指し、市や商工会議所、地元店などでつくる伊丹市中心市街地活性化協議会が主催。会場にはハンドメイドアクセサリーや靴下で作ったぬいぐるみ、布小物、木工雑貨などに加えて、クリスマスをモチーフとしたグッズやリース、しめ縄、年賀はがきといった年末年始アイテムも揃う。飲食ブースでは、ドイツ発のクリスマス菓子「シュトーレン」や綿菓子、アップルパイなどのスイーツに加えて、鶏塩ラーメン、カレー、唐揚げ、ロコモコ、もつ鍋など多彩なメニューが軒を連ねる。  15時からは500円相当の品を持ち寄る「プレゼント交換会」が実施されるほか、クリスマスの定番ソングなどを演奏する音楽ライブも行われ、クリスマスムードを演出する。

切手文化博物館 企画展『切手で見る 平成から令和へ』 神戸市北区

 切手文化博物館(神戸市北区)で12月2日まで企画展『切手で見る 平成から令和へ』が開催されている。  日本はもとより世界各国の人々を魅了してやまない切手を展示する同館では、郵便創業時に発行された手彫切手をはじめ、140年の間に日本で発行された普通切手・記念切手を発行年代順・系統的に網羅。本格的な切手の常設展示のほか、明治時代に郵便配達夫が実際に使っていた肩掛箱や、郵便局で時を刻み続けた八角時計なども多数展示されている。  同展では、昭和・平成・令和に発行された皇室にまつわる切手の移り変わりと、平成の郵便料金と普通切手の変遷を取り上げる。1993年6月8日に発行された「皇太子殿下御成婚記念」や、2019年10月18日に発行された「天皇陛下御即位記念」に加え、郵便料金改定に合わせて発行された「62円切手」と「80円切手」などの展示も行われる。

神戸文化ホール『親子のためのオーケストラ ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団 XMAS CONCERT』 神戸市中央区

 神戸文化ホール(神戸市中央区)で12月7日、『親子のためのオーケストラ ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団 XMAS CONCERT』が開かれる。現在、チケットの販売が行われている。  ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団は、キリンの指揮者、オカピをはじめ、ウサギのバイオリンや猫のクラリネット、キツネのサックスなどすべての演奏が“動物”によるオーケストラ。子どもたちが文学に親しむための入り口に絵本があるように、歌詞に頼らないクラシックの世界を楽しむためのの導入になればと、2000年に金管五重奏「ズーラシアンブラス」が誕生し、2011年に同オーケストラも始まった。日本各地での演奏会に加えて海外にも活躍の幅を広げており、シンフォニック童謡をテーマに全てオリジナルアレンジされた本格的な演奏を披露している。  今回のクリスマスコンサートでは、童謡「キラキラ星」やロシア民謡「トロイカ」をはじめきき覚えのあるメロディーや冬の季節にぴったりの曲目が演奏されるほか、同オーケストラのオリジナル曲「オーケストラ物語」なども楽しむことができる。

かどのの郷『かどの冬まつり』 丹波市

 かどのの郷(丹波市)で12月8日、『かどの冬まつり』が開催される。入場無料。  当日は、当たり券付き餅まき大会やフラダンスの披露、地元の児童が作った行灯に明かりをつける「夢行灯点灯」、森安小春展を実施。また場内には、たこ焼きやびっ栗焼き、うどん、甘酒、お汁粉といったグルメが並ぶフードブースや野菜市、フリーマーケットも展開されるほか、祭りのフィナーレには冬の夜空を彩る花火大会も行われる。

映画『ラスト・クリスマス』

 クリスマスに欠かせない定番ソングとして親しまれている「ワム!」の名曲に乗せて贈るロマンティック・コメディ『ラスト・クリスマス』が12月6日より公開される。 <ストーリー>ロンドンのクリスマスショップで働くケイト(エミリア・クラーク)は、小妖精の格好をしてきらびやかな店内にいても仕事に身が入らず、生活も乱れがち。そんな彼女の前に突然現れた青年トム(ヘンリー・ゴールディング)にケイトは次第に惹かれるが、ふたりの距離は一向に縮まらない。実は、トムには驚くべき秘密があった…。

神戸教育短期大学内に子育て支援室「うららKOBE」がオープン 神戸市長田区

 神戸教育短期大学(神戸市長田区)1階に11月20日から子育て支援室「うららKOBE」がオープンする。  神戸市では、大学と連携した地域子育て支援拠点づくりを進めている。同所では、子ども向けの絵本が数多く取り揃えられており自由に読むことができるほか、定期的に保育士や幼稚園教諭等を目指す学生による絵本の読み聞かせも実施。また、保育経験豊富な専任のスタッフも常駐しており、子育ての悩みや不安も相談できる機能も設けられる。さらに11月20日には、おーぷオープニングイベントも開催。ペープサート『おおきなかぶ』学生と一緒に紙人形で読み聞かせイベントが行われる。

武庫川女子大学『甲子園会館ライトアップ2019』 西宮市

 武庫川女子大学の上甲子園キャンパスで11月30日と12月1日の2日間、『甲子園会館ライトアップ2019』が開催される。入場無料。  国の登録有形文化財である甲子園会館(旧甲子園ホテル)と日本庭園をライトアップする毎年恒例の同イベント。2018年開催時には、NHK朝のドラマ「まんぷく」ロケ地として注目を集めたこともあり、2日間で6800人を超える来場があったという。会場の上甲子園キャンパスでは現在、校舎の建築工事が行われているため、ライトアップ規模を多少縮小したうえでの実施となるという。  甲子園会館は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト(米・1867~1959)の愛弟子・遠藤新(1889~1951)が設計し、「打出の小槌」を主題にしたオーナメントや緑釉瓦、西ホールの天井に見られる市松格子など、壮麗な洋風建築に日本の伝統美が随所に取り入れられている。イベント期間中は、阪神間モダニズムを代表する洋風建築物として知られる同館のライトアップに加えて、建築学科の校舎である建築スタジオの部分公開、学生らによるコーラスやオーケストラといったパフォーマンスなどが繰り広げられる。食堂ではライトアップにちなんだメニューも登場し、冬の風物詩となったイベントをゆったりと楽しむことができそうだ。

神戸市灘区の店舗が共催『第2回 スコーンフェスティバル』

 神戸市灘区にあるカフェ「Teacafe Colour(ティーカフェ カラー)」が主催する『第2回 スコーンフェスティバル』が11月23日と24日に開催される。  昨年初開催し好評を博したというイベントで、今年は1日6店舗ほど、2日間で約13店舗のカフェのスコーンがTeacafe Colourに集結。好きなスコーン2個と、ドリンクメニュー約20種類の中から1つを選んで1000円で味わうことができる。ドリンクは「フォートナム&メイソン」や「テイラーズオブハロゲイト」などの紅茶をはじめ、コーヒーやジュースなどが揃う。  提供店は両日異なり、23日は「café licht」「LE COPAIN」「七花」「菓子屋マツリカ」「slow food cafe ふわり。」などが参加。24日は「Pizzeria RICCA」「西洋茶館」「Boulangerie ONO」「Country tea house JC FARM」「お八つとお茶 いろは」「cafe 32*32 みつみつ」などが参加(Teacafe Colour以外は1日のみ提供)。全て神戸市灘区周辺の店舗となる。

万代 塚口店、西宮前浜店『ミスピーチキャンペーンクルーが福島市産リンゴを宣伝』

 スーパーマーケットの万代・塚口店(尼崎市)、西宮前浜店(西宮市)で11月23日と24日、福島市産リンゴを宣伝する催しが行われる。  阪神地区は福島市産のリンゴが多く出荷されており、毎年ピーアールを実施。当日は、福島県の果物をアピールする「ミスピーチキャンペーンクルー」が来場し、福島県産の「サンふじ」のリンゴの試食販売が行われる。担当者は「太陽の恵みをふんだんに浴びた、品質の良い福島のサンふじリンゴを多くの方に召し上がっていただきたい」と呼び掛けている。

神戸文化ホール『市民の第九2019』神戸市中央区

 神戸文化ホール(神戸市中央区)で『市民の第九2019』が12月14日に開催される。チケット発売中。  神戸市の年末の風物詩として親しまれてる同イベントは、2015(平成27)年より開始。プロの声楽家から直接レッスンを受けた市民により結成された「神戸文化ホール第九合唱団」らが、同館大ホールの舞台に立つ。当日は、市民合唱団に加え、市民オーケストラ「神戸フィル ハーモニック」による演奏で交響曲第9番 ニ短調op125「合唱付き」を披露。また、ソプラノ、アルト、テノール、バリトンの豪華ソリストが華を添える。

神戸ロフト GLAYのツアー開催に合わせ『HOTEL GLAY SWEET LOUNGE』

 神戸ロフト(神戸市中央区)で12月13日から23日までの11日間、『HOTEL GLAY SWEET LOUNGE』が開催される。  今年デビュー25周年を迎えたロックバンド・GLAYが全国アリーナ会場を回るツアー「GLAY ARENA TOUR 2019-2020 DEMOCRACY 25th “HOTEL GLAY” THE SUITE ROOM」に合わせ、全国のロフト9店舗で期間限定でオープン。「SWEET LOUNGE」と題し、“HOTEL GLAY”をイメージしたオリジナルグッズやアリーナツアーのオフィシャルグッズ(一部)を販売予定。中には名産物とコラボしたZURA氏(オリジナルキャラクター)の神戸会場限定ステッカーも登場する。  期間中、1回のグッズ購入で3000円以上(税込)を購入するとHOTEL GLAYのイラストをプリントしたショッパービニールが1枚プレゼントされる。さらに1万円(税込)以上の購入でショッパー紙袋がもらえるという(10000円(税込)以上の購入場合は、ショッパー紙袋のみ)。  そのほか、アリーナツアーのオフィシャルパンフレットのコンセプト「HOTEL GLAY殺人事件」を元に撮り下ろされた写真を使用したフォトスポット、メンバーやツアーへの思いを書き記すことができる「会場限定オリジナルゲストブック」も用意。関係者は「“HOTEL GLAY” THE SUITE ROOM公演のチェックイン前に、SWEET LOUNGEにお越しください」と来場を呼び掛けている。

本屋巡り謎解き「コウペンちゃん」のリアル謎解きゲーム

  コウテイペンギンの赤ちゃんキャラクター「コウペンちゃん」を題材にしたリアル謎解きゲーム『コウペンちゃん×本屋巡り謎解きゲーム』が、11月29日から来年2月2日まで大垣書店プリコ神戸店と大垣書店神戸ハーバーランド店で実施される。  イラストレーター・るるてあさんが描く「コウペンちゃん」は、ツイッターで人気を博したコウテイペンギンの赤ちゃんキャラクター。「出勤してえらい!」、「朝起きただけではなまる!」など、日常の些細なことを褒めてくれる。  同イベントは、コウペンちゃんをテーマにした、2か所の本屋を巡る謎解きゲーム。所要時間1~1時間半の「コウペンちゃんの大冒険!」編と、同じく所要時間1~1時間半の「コウペンちゃんとふしぎなタネ」編の2種類が実施され、「コウペンちゃん」の世界に入り込み、一緒にストーリーを進めていくような体験を楽しむことができる。  参加者は、対象書店レジで遊びたいストーリーのキットを購入し、ストーリーに沿って謎を解きながら書店を周遊。キット購入時には、参加特典として各ストーリーにつき2種類、全4種類の「オリジナルマスクケース」がプレゼントされる。

『兵庫運河謎解き キャナルプロムナードの奇跡~平清盛からの遺言状~』

 兵庫運河周辺で来年3月26日まで、街歩き謎解きゲーム『兵庫運河謎解き キャナルプロムナードの奇跡~平清盛からの遺言状~』が開催されている。  同イベントは、謎解きキットの情報をもとに、兵庫運河周辺を探索し、仕掛けられた謎やヒント、アイテム・暗号などを見つけ出し謎を解くゲーム。コミュニケーションアプリ「LINE」を使って、登場人物と会話しながら物語を進めていき、行き詰ると最新鋭のスマートフォン型AI「ワトソン」がヒントをくれる。  なお、謎解きキットはキットのみと乗車券付きキットの2つ。キットのみは、神戸国際会館プレイガイド・イオンモール神戸南1階インフォメーションで、乗車券付きキットは地下鉄海岸線 新長田駅、ハーバーランド駅、三宮・花時計前駅の各駅窓口で販売される。

小野市役所周辺『ラストクリスマスイルミネーション&コンサート』小野市

 小野市役所、コミュニティセンターおの周辺(小野市王子町)を色とりどりの光で彩る『ラストクリスマスイルミネーション&コンサート』が11月23日から12月25日まで開催される。  市民手作りのイルミネーションイベントとして親しまれている同イベントは今年で16回目を迎え、市庁舎移転に伴い今回で最後の開催になるという。期間中は青・白・ピンクなどカラフルなLEDで装飾された高さ約14メートルのクリスマスツリーが登場するほか、クリスマスモチーフのオブジェや、地元小中高校生らが装飾したエコキャンドルや行燈が飾られ、幻想的な雰囲気に包まれる。  初日11月23日の18時からは点灯式、23日、30日、12月14日、21日にはハンドベル、オカリナ、ギターの演奏が行われるクリスマスコンサートが行われ、オペレッタや大道芸なども出演する。    また、オブジェの中に隠された文字を見つける「文字探しラリー」(小学生以下先着50名限定)の実施やフォトコンテストも行われ、会場で撮影した写真を期間中に応募すると、最優秀賞の受賞者には賞金1万円が贈られる。

山崎中心市街地『よいまちハイカラフェスタ』 宍粟市

 宍粟市の山崎町本町商店街(同市山崎町)など一帯で11月23日と24日、『よいまちハイカラフェスタ』が開かれる。入場無料。  同イベントは、山崎町を盛り上げようと地元住民などでつくる実行委員会が企画しており、今年で3回目。当日は、器楽アンサンブル・クッキーハウスとともに宍粟市商工会(同市山崎町)をスタート地点とする器楽パレードが行われ、もみじ祭りも開催されている紅葉の名所・最上山公園もみじ山まで約2キロの道のりを賑やかに歩く。リコーダーや鍵盤ハーモニカなど電源のいらない持ち運びできる楽器があれば誰でも参加することができる。事前申し込みが必要。各日30人まで。  また一帯では地元商店等による50以上の屋台が立ち並び、雑貨やグルメ、スイーツなどを楽しむことができる。町家を使ったワークショップや、袴や着物でまち歩きができる着つけ体験(有料)もあり、“ハイカラさん”気分を盛り上げる。

有馬富士公園『ありまふじ公園イルミネーション2019』三田市

 有馬富士公園(三田市)で『ありまふじ公園イルミネーション2019』が12月7日から22日までの金・土・日の全8日間実施される。入場無料。  2017(平成29)年から始まった同イベントは、今年で3回目。期間中は、園内の木々や花壇、沿道などをLEDで白・青・赤などカラフルに装飾するほか、クリスマスや子ども達に人気の動物、昆虫、植物などを象ったオブジェなどが登場し幻想的な空間を演出。園内には遊具や体験型自然学習センターもあり、小さな子どものいるファミリー層にも来場しやすいイルミネーションイベントとなっている。  また、ロビーコンサートなどミニイベントの実施や、おでんなど温かい軽飲食店も出店予定だという。

映画『THE INFORMER/三秒間の死角』

 FBIに裏切られた情報屋の脱出劇を描いたクライム・サスペンス『THE INFORMER/三秒間の死角』が11月29日より公開される。 <ストーリー>自由の身と引き換えに、FBIの情報屋になったピート・コズロー(ジョエル・キナマン)は、最後の任務を迎える。その任務とは、潜入先のマフィアのボス“将軍”の麻薬取引現場にFBI捜査官ウィルコックス(ロザムンド・パイク)を導き、組織を一気に壊滅させるというもの。成功すれば、愛する妻(アナ・デ・アルマス)と幼い娘との幸せな暮らしが待っている。しかし、取引現場でマフィアの仲間が取引相手を射殺し、作戦は中止に。さらに、その取引相手が潜入捜査をしていたNY市警の警官だったことが判明し、ピートは刑務所に戻って内部の麻薬取引を仕切るよう命じられる。断れば妻子の命が危ないと、やむなく刑務所に舞い戻るピート。しかしその頃、殺された警官の上司グレンズ(コモン)が、執念の捜査からピートにたどり着いていた。そして事態が急変。ある重大なトラブルから、ピートはFBIに切り捨てられ、自分を取り巻くすべての組織から命を狙われることに。果たしてピートは脱出できるのか―。

『酒蔵コンサート FINAL LIVE in 神戸酒心館』 神戸市東灘区

 酒心館ホール(神戸市東灘区)で1月26日、『酒蔵コンサート FINAL LIVE in 神戸酒心館』が開催される。参加申し込み。  神戸の代表的な地場産業である「灘の酒」を広くアピールするため、歴史と伝統が息づく酒蔵のまちで毎年開催されている同イベント。今年は、シンガーソングライターの中西圭三さんが出演し、同蔵の日本酒を味わいながら中西さんの歌声にも酔いしれることができるほか、灘五郷のきき酒や土産も用意されている。なお参加申し込みは11月25日からとなっており、インターネットにて受け付ける。

神戸市立王子動物園「姫路市立動物園よりロバのナズナ来園」 神戸市灘区

 11月20日に神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で現在飼育されているロバのブンタにお嫁さんがやって来る。  同園では、ジャイアントパンダやコアラなど約130種の動物が飼育されており、餌を食べる様子などを間近で見ることができるほか、ウサギやモルモットにふれあうことができる「ふれあい広場」も設置。来園するロバは姫路市立動物園で飼育されているロバのナズナ・8歳。ナズナは繁殖のために一時的に来園し、ブンタ(オス・6歳)と繁殖に取り組み、来年の春ごろに姫路市立動物園に帰る予定となっている。

六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』~冬バージョン「冬はつとめて」~

  自然体感展望台 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ/神戸市灘区)で六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』の冬バージョンが12月1日から実施される。来年1月13日までは毎日、1月18日から3月7日までは土曜のみ開催。  同イベントは、1000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明を使用し、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光のイベント。照明デザイナー・伏見雅之さんによる約7分間の演出が繰り返し実施される。  「枕草子」をコンセプトに清少納言が記した、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を、季節ごとに春・夏・秋・冬の4パターンで表現。シリーズ最後の冬では、「冬はつとめて」と題し、冬の早朝の雪や、白さの際立つ霜の様子、また、とても寒い日に暖を取るために火をおこして火桶を持って運ぶ冬らしい様子などが表現される。  また、六甲ガーデンテラスエリア内では開催中の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の作品の夜間鑑賞が可能。「自然体感展望台 六甲枝垂れ」では、岩城典子さんの「ヤンチョビ博士」や大畑幸恵さんの「航路-Distance-」、また、六甲ガーデンテラス内「見晴らしの塔」付近では、伏見雅之さんによる「蜘蛛の糸」に加え、同展覧会のメインビジュアルである植松琢麿さんの「world tree ll」が鑑賞できる。

神戸ポートピアホテル『満足いろいろ北海道グルメフェア』神戸市中央区

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)の館内12のレストランで現在、『満足いろいろ北海道グルメフェア』が開催されている。12月30日まで。  11年連続で都道府県魅力度1位を誇り、函館、札幌、小樽、富良野なども市町村魅力度の上位に連なる人気のエリア・北海道。同フェアでは、美食の王国・北海道のご当地名物から厳選食材で作るコースメニューまで各店シェフによる特別メニューが提供される。   本館30階のスカイグリルブッフェ「GOCOCU」では、糖度の高いホワイトコーンのムースや脂まで上品な吟鮭(ぎんけい)の炙り焼きなどの北海道グルメが存分に味わえるほか、本館31階フレンチレストラン 「トランテアン」ではビーツと蝦夷鹿(エゾシカ)、カリカリのポテトと白子、といった食感の異なる食材を組み合わせた「北海道コース」が提供されるなど、各店で異なる趣向を凝らしたメニューが登場している。  また期間中、レストラン12店舗にてフェアメニューを2店舗利用すると応募できるスタンプラリーも実施。抽選でポートピアホテル宿泊券、レストラン食事券などが当たるという。

『秋穫祭 2019』 朝来市

 解禁されたばかりの岩津ねぎや但馬牛といった朝来市の特産品が一堂に会するイベント『秋穫祭 2019』が11月24日、海鮮せんべい但馬(朝来市和田山町)で開催される。入場無料。  朝来市の特産品・岩津ねぎは、下仁田ねぎや博多万能ねぎと共に日本三大ねぎのひとつ。青葉から白根まで軟らかいことや、甘みと香りが強いなどの特長を備えるが、生産量の少なさから“幻のねぎ”とも言われているという。同イベントでは、解禁されたばかりの岩津ねぎが販売されるほか、日本の主要なブランド牛の素牛である但馬牛を使用した巻きずし弁当やコロッケ、地元の酒蔵が手掛けた地酒、収穫されたばかりの新米など、特産品が揃う。そのほか、目分量での計測に挑戦し、成功すると米のプレゼントもある「お米ぴったり計量チャレンジ」や、但馬牛があたるガラガラ抽選会なども予定されており、実りの秋を楽しめる催しとなっている。

『ルワンダ・ウムチョムウィーザ学園から~いのち・教育~写真展』 神戸市中央区

 ひょうご国際プラザ(神戸市中央区)交流ギャラリーで11月20日から29日まで、『ルワンダ・ウムチョムウィーザ学園から~いのち・教育~写真展』が開催される。入場無料。  「兵庫県ユニセフ協会」が主催を務め、「NPO法人ルワンダの教育を考える会」が後援する同企画。「NPO法人ルワンダの教育を考える会」は、戦争で心身共に傷ついたルワンダの子供達に教育の機会を与え、民俗や宗教政治思想にとらわれることなく、その人らしく生きていくための様々な教育支援を行い、ルワンダの平和に寄与する事を目的に設立。「共に生きる」未来を創造していくため、ルワンダの平和を自ら創ってく人材の育成に取り組んでいる。同展では、それらの活動に焦点が当てられた写真やパネル約30点を展示。また会期中の25日には、「NPO法人ルワンダの教育を考える会」理事長・永遠瑠(とわり)マリールイズさんが在廊し、様々な話を聞くことができる。

『たいせいクリスマスカーニバル』宝塚市

 プライムスクエア宝塚山本10期(宝塚市)にて、まちびらきを兼ねたイベント『たいせいクリスマスカーニバル』が開催される。  前回のスプリングカーニバルでは約2800人を超える来場者があったという「たいせい住宅兵庫株式会社」主催の同イベント。今回は、大阪ガス監修のもと「火起こし体験」や本物そっくりのサンタクロースとの撮影会、おひるねアート、手形アート教室、ダンボール迷路、親子クッキング体験といった様々なイベントが企画されている。また、先着100人限定でホットドッグがふるまわれるという。

キッピーモール『市民活動まつり2019』 三田市

 子育てにまつわる講演会やワークショップ、バザーなどを楽しめる『市民活動まつり2019』が12月8日、JR「三田」駅前の三田市まちづくり協働センター(キッピーモール6階)で開催される。入場無料。  同イベントでは、“子どものおもちゃ、どうしてる?”をテーマにした講演会を実施。子どもの成長に欠かせないおもちゃを通した子育て支援活動を行うおもちゃコンサルタント・竹下あきこさんが、買ったのに遊んでくれないといった親の悩みに寄り添う。会場では、歌やダンスを体験するミュージカルワークショップや、3Dペンを使ったお絵描き体験、手相鑑定などの参加型ブースが設けられるほか、ハンドメイド作品の展示・販売、日用品や雑貨が並ぶバザー、使わなくなった文房具や教材CD、絵本などを無料でもらえる「まなびリユース」なども実施。また当日、子どもを対象にお菓子のプレゼントもある。午前と午後の二回、先着順。

『姫路ロボ・チャレンジ 第27回大会 冬の陣』 姫路市

 2足歩行ロボット競技会を中心にしたロボットイベント『姫路ロボ・チャレンジ 第27回大会 冬の陣』が12月14日と15日、姫路科学館(姫路市)で開催される。観覧無料。  「姫路ロボ・チャレンジ」は、2005年から行われている2足歩行ロボットの競技会で“夏の陣”と“冬の陣”の年2回開催され毎回多くの人で賑わう人気イベント。高校生をはじめとした初心者が自慢のロボットを持ち寄って気軽に参加できる「エントリークラス」と、全国大会出場経験者も参加する本格的な競技会「スタンダードクラス」の2クラスに分かれて実施。競技内容は、各ロボットの性能を見極める「デモンストレーション」をはじめ、1対1のロボット格闘技勝負「ロボットバトル」(両クラス)、全長4.5メートルのコースをロボットが駆け抜ける「タイムアタック」(エントリークラス)、約10メートルのコースに階段や細道、坂道などの難所を突破してゴールを目指す「ロボ・トライアスロン」(スタンダードクラス)などが繰り広げられる。  また会場では両日、デモンストレーションと第1種目を見て総合優勝するロボットを予想する投票イベントも実施。優勝したロボットに投票した人の中から抽選で、同大会限定の記念品がプレゼントされる。

竹中大工道具館『クリスマスの夜を絢どる弦楽の調べ』 神戸市中央区

 竹中大工道具館(神戸市中央区)で12月21日、クリスマスコンサート『クリスマスの夜を絢どる弦楽の調べ』が開催される。  同イベントは「WINTER EVENT 2019」の一環として実施。公益社団法人アンサンブル神戸チェロ奏者で神戸観光クルーザーコンチェルト船専属アーティストである崎元蘭奈(さきもとらんな)さんと、神戸観光クルーザーコンチェルト船レギュラーアーティストであるヴァイオリニスト・柴田夏未(しばたなつみ)さんが出演し、ヘンデルの「パッサカリア」などのクラシック音楽とクリスマスメドレーを演奏する。  担当者は「弦楽器の絢どる音色―きらびやかでエレガントなヴァイオリンと、重厚感のあるチェロの美しく溶け合う響き。2人の女性によるフレッシュで息のあったアンサンブルをご堪能ください。」と呼び掛けている。

大人もトゥイーンズも『コンサートに行こう! フルート×オーボエ×ピアノ』

 舞子ビラ神戸 あじさいホール(垂水区)で来年3月1日に親子で楽しめる『コンサートに行こう! フルート×オーボエ×ピアノ』が開催される。  同コンサートは、2021(令和2)年夏に実施予定の「神戸国際フルートコンクール」の関連事業として行われる。午前と午後の2回行われ、午前の公演は、子供向けでもなく、大人向けでもないキッズとティーンの間“トュイーンズ”の子ども達向けに約60分で構成されたクラシックコンサートとなっている。また、午後は、古典から現代、日本唱歌まで、異なる時代・スタイルの音楽をじっくりと楽しめるプログラムになっているという。11月11日からチケット発売中。

スイーツパラダイス クレフィ三宮店『ストロベリークリスマス』

 クレフィ三宮店(神戸市中央区)を含むスイーツパラダイス全店で現在、『ストロベリークリスマス』が開催されている。12月25日まで。  今年は“いちご”をテーマに、厚めのココア生地にガナッシュクリームを包み込んだ「いちごのクリスマスロールケーキ」をはじめとするクリスマス限定のスイーツが登場。そのほか、いちご風味の爽やかなレアチーズムース「いちごのレアチーズケーキ」や、いちごのピューレを混ぜ込んだマロン餡を絞った「いちごのクリスマスモンブラン」、しっとりふわふわのシフォンケーキに抹茶を練りこんだ「抹茶のリースシフォン」、抹茶クリームをクリスマスツリーに見立てた「クリスマスツリーのカップケーキ」などがラインナップする。  また、スイーツパラダイスでは『国産いちご食べ放題』も同時開催中(来年1月上旬まで)。

『ガールスカウトふれあいフェスティバル2019』 神戸市中央区

 11月23日に『ガールスカウトふれあいフェスティバル2019』が開催される。受付場所は兵庫県民会館9階県民ホール(神戸市中央区)。  同イベント一般社団法人ガールスカウト兵庫県連盟が主催する子ども向けのイベント。当日は、街の中の土地や建物や景観に見られる自然の営み、人間活動の様子などについて、設定した様々なテーマをもとに観察して歩き回る「タウンウォッチング」や、いくつかの箇所を巡りポイントを溜めるポイントラリーなどが実施される。なお、定員は400人で、就学前から高校生年代およびその保護者が対象となっている。

『兵庫国際交流会館国際交流フェスティバル』 神戸市中央区

 各国から日本を訪れた学生が生活する兵庫国際交流会館(神戸市中央区)で11月24日、世界の文化に触れ、留学生との交流を楽しむ催し『兵庫国際交流会館国際交流フェスティバル』が開催される。雨天決行、入場無料。  留学生の宿舎として平成11年3月に開館した同施設では、国際交流の拠点として、留学生および地域の方々を対象としたさまざまな国際交流イベントを実施している。毎年恒例の同イベントでは、中国やインド、ネパール、ベトナム、カンボジアなど様々な国のご当地グルメを味わえるフードブースが展開されるほか、日本の伝統的なおもちゃを体験できるコーナーや、小学生以下を対象としたダンボール迷路、VRによるシューティングゲームなども実施。特設ステージでは、国際色豊かな「のど自慢大会」やカルチャーショー、けん玉パフォーマーNAOKIによるスペシャルステージ加えて、神戸を拠点に活動する3人組バンド「ワタナベフラワー」の演奏なども繰り広げられ、賑やかなひと時を演出する。

谷想郷多目的農園『第5回 秋のふれあい収穫祭』 宍粟市

 宍粟市の谷想郷(やそうきょう)多目的農園で11月24日、野菜の収穫体験などを楽しめる『第5回 秋のふれあい収穫祭』が開催される。  地域の活性化に取り組む谷想郷づくり推進委員会が主催。前回は200人を超える参加者で賑わった同イベントでは、手塩にかけて育てられたジャガイモや大根、カブといった野菜の収穫作業を体験できるほか、新米や地元で採れた新鮮な野菜の直売、グルメ屋台の出店なども実施。会場では、地元谷産の冷凍ブルーベリーに加えて、ケーキやジャム、ジュースなどブルーベリーを使った加工品も並び、豊かな自然のなかで実りの秋を堪能できる催しだ。

映画『パリ、嘘つきな恋』パルシネマしんこうえんで上映

 本国フランスで動員200万人超えのヒットを記録したラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が11月30日から12月10日までパルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区)で上映される。  ゲーム感覚で恋を楽しむモテ男が、とんでもない嘘をきっかけに1人の女性と出会い、真実を隠したまま本気の恋に落ちていく様子を描いたロマンティック・コメディ。 <ストーリー>パリの大手シューズ代理店で働くイケメンでお金持ちのビジネスマン、ジョスラン(フランク・デュボスク)は、女性にモテるが一時的な楽しさだけを求める軽薄な男だった。ひょんなことからジョスランが車椅子に座っていると、事故で車椅子生活を送る女性ジュリー(キャロライン・アングラード)と遭遇。美しい彼女の気を引くために「自分は車椅子生活だ」ととっさに嘘をつく。ジョスランの“嘘”を知らないまま、車椅子でデートを重ねる2人。ジュリーは会うたびに快活でユーモア溢れる魅力的なフロランスに惹かれていった。そんな中、ついにその嘘がばれてしまい―。

ANAクラウンプラザホテル神戸『クリスマスケーキ&ギフト』神戸市中央区

 ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市中央区)のティーラウンジ「ザ・ラウンジ」で11月19日より、『クリスマスケーキ&ギフト』が販売される。要申し込み。  ドイツ人パティシエのトーマス・アーンストゥによるクリスマスケーキは、苺と生クリームを使った王道ケーキ「ストロベリーロールケーキ」、チェリーの甘酸っぱさがアクセントになった「チョコレートチェリーロールケーキ」、濃厚なチョコレートが魅力の「ザッハトルテ」の全3種類。受取期間は12月20日から26日まで。11月末までの申し込みで300円オフ。  また、今年はクリスマスケーキに加えて、可愛らしいお菓子の家「ジンジャーブレッドハウス」や、ドイツのクリスマスの定番菓子「シュトーレン」、いろんな菓子やロンネフェルトティーを詰め合わせた「クリスマスギフトボックス」といった多彩なクリスマスギフトも登場している。

「小磯記念美術館・六甲ライナーセット券」の発売

 小磯記念美術館の入館券と六甲ライナー往復乗車券のセットが1月26日まで発売されている。  同券の販売は、六甲ライナー「住吉駅」とアズナスエクスプレス魚崎店で取り扱っており、価格は大人のみで900円。六甲ライナー住吉駅からアイランド北口駅(終点マリンパーク駅)まで全線有効の2区乗車券2枚が専用袋に封入されている。なお、小磯記念美術館では現在、特別展「黄昏の絵画たち」が開催中。

姫路科学館 第3回生物多様性写真展『ひめじのいきもの』作品募集

 姫路科学館が開催する第3回生物多様性写真展『ひめじのいきもの』の作品募集が1月31日まで行われている。  2017年から始まった同展は姫路とその周辺の生物の記録を写真で残すための事業。応募条件は、野生生物を主題にした記録写真であること、撮影場所が播磨圏域連携中枢都市圏8市8町、撮影日時、姫路科学館が展示パネル・展示解説用印刷物・広報資料に自由に利用できることなどで、デジタルカメラやスマートフォンで写した身近な生物をインターネット経由で受け付けている。また応募作品は、2020年3月14日から4月6日まで姫路科学館で展示される。

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ『古城のクリスマス 2019 ~ボタニカルクリスマス~』神戸市中央区

 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ(神戸市中央区)で11月23日から12月25日まで『古城のクリスマス 2019』が開催される。  期間中、自然素材を使った手作りの“ボタニカルクリスマス”をテーマに園内を煌びやかに演出。高さ約6メートルのクリスマスタワーが連日16時から点灯するほか、直径約3メートルのヒノキと赤いリボンを使ったウェルカムリースが登場。エントランスのグラスハウス(温室)や展望プラザもクリスマス仕様に装飾される。  11月23日にはイルミネーションのスタートを飾る点灯ライブ「クリスマスイルミネーション点灯 スペシャルライブ」を実施。キアロ・ディ・ルーナの透明感あふれるハーモニーで点灯式を華やかに彩る。「クリスマスマーケット」ではクリスマスオーナメントやアンペルマングッズ、クリスマスの菓子やグリューワインなどを取り揃える。12月14日には「The Veranda Live Artist Special Live - 森のクリスマスコンサート -」を開催。「ヴェランダライブ」に出演しているアーティストが集合しコンサートを繰り広げる。  さらにレストランでは12月21日から25日までスペシャルメニューが登場する。

『第10回 いざ出陣!篠山城戦国祭』 丹波篠山市

 篠山城大書院(篠山市)で11月23日、『第10回いざ出陣!篠山城戦国祭』が開催される。  篠山城は、篠山盆地の中央部・笹山とよばれる小丘陵に築かれた平山城で、かつては篠山藩の藩庁として機能していた。当日は、殿様や戦国武将などに扮したスタッフが出迎え、篠山城が“戦国ムード”一色に。大書院内では、豊臣秀吉や真田幸村などの手作り特殊紙製甲冑がずらりと展示されるほか、手作り甲冑を身に纏い普段立ち入り禁止となっている所で写真撮影ができる催しも実施。また、自分の家のルーツを知ることができる家紋鑑定や、自分で抹茶をたてて和菓子と一緒に味わう体験など“戦国”にちなんだ様々なイベントが行われる。

グリーンアリーナ神戸『スポ婚-スポーツで新しい出会いを!!-』神戸市須磨区

 11月23日、グリーンアリーナ神戸サブアリーナ(神戸市須磨区)でスポーツと婚活を合わせたイベント『スポ婚-スポーツで新しい出会いを!!-』が開催される。  24歳から40歳位までの独身男女が対象となっており、バスケットボールやレクリエーションで交流を深めようというもの。1対1の自己PRタイムも設けられる。  その後、軽食をとりながらパーティーで打ち上げを行う。

『神戸・清盛隊クリスマスイベントーKiyomoritai Christmas 2019ー』

 神戸市中央区にあるエンターテインメントスペース「K-wave」にて、神戸・清盛隊のクリスマスイベント『Kiyomoritai Christmas 2019』が開催される。  神戸・清盛隊は、2012(平成24)年の大河ドラマ「平清盛」の放映に合わせた神戸市の観光事業「KOBE de 清盛2012」をPRするキャラバン隊として結成された“謎の人物GIONによって約800年の平安の眠りから平成に呼び覚まされた平家の衆”。キャンペーン終了に伴い活動を休止したが、地元やファンの要望を受け2013(平成25)年5月の復活ライブにて活動を再開。現在は神戸を中心に、関西のみならず全国で活動している。  同イベントでは、重盛、宗盛、知盛、敦盛、GIONの出演が決定しており、歌・殺陣・語りを融合させた「演舞」をクリスマスバージョンで披露する。他メンバーについては調整中で、決定次第発表される。また、当日は第2部としてファンクラブパーティーも実施予定。それぞれチケット発売中。