井上苑子

シンガーソングライター 井上苑子にインタビュー

キュートな歌声と天真爛漫なキャラクターで、SNS世代を中心に爆発的な人気を誇るシンガーソングライター・井上苑子。5月29日に発売となる3枚目のフルアルバム『白と色イロ』には、初のアニメOPテーマやCMタイアップ曲など全12曲を収録。持ち前のキャッチ―さはそのままに、より大人っぽく、よりエモーショナルに進化した色とりどりの今作について、話を聞いた。

―5月29日に発売される3枚目のフルアルバム『白と色イロ』はどのようなテーマで作られましたか?
“井上苑子”という色のイメージが「白」だとしたら、そこにもっともっといろんな色をプラスしていけたらいいなと思っていて。1つのテーマに絞るんじゃなくて、いろんなカラーの曲が詰まったアルバムにしたいし、1曲1曲がいろんな色を放ってくれたらいいなと思って作りました。私も21歳になりましたし、ジャケット写真も今までは笑顔が多かったんですが今回はちょっとクールな感じにしてみたり。これまでとは違う井上苑子を表現できたと思います。

―「白」というブレない原点がありながら、多角的なアプローチがされていると。
私はいろんなことに対応できる人、柔軟性を持って対処できる人に憧れていて。やっぱり人間の感性って1つじゃないと思うので、いかに自分が好きな感性の振り子を大きく振ったり小さく振ったりして、いろんな自分を表現したいと思っています。

―皆さんの背中をそっと押すようなメッセージソングが多く収録されているのも印象的です。
今回はありがたいことにCMとかアニメソングとかタイアップ曲をたくさん書かせていただいたんですが、そのほとんどが春に公開だったので、夢に向かって頑張っている人を後押しできる歌にしたいなと。これまで私の楽曲はラブソングが多かったんですが、今回はメッセージソングや母への想いを綴った歌などを収録できて自分でも新鮮でした。IMG_1300