郷家選手

ヴィッセル神戸より、郷家友太選手にインタビュー

ヴィッセル神戸は「the No.1 Club in Asia ~ 一致団結 ~」を胸に掲げ、2019シーズンもポゼッションサッカー=攻めのサッカーに挑んでいる。ワールドクラスの選手も多数在籍する中、若手として今最も注目を集めているのが郷家友太選手だ。昨年、高校卒業と同時にチームに加入し、J1リーグでは22試合出場、2得点2アシスト。ルヴァンカップでも1得点を記録するなど華々しいデビューイヤーを飾った。そんな郷家選手はプロ2年目の今、何を思い、タイトル獲得に向けどう臨むのか。凛とした表情の裏に隠された、熱い闘志を語る。

―昨年、高校卒業と同時にヴィッセル神戸に入団。郷家選手にとって、どんな1年でしたか?
1年目にしては、思っていた以上に試合に出場できたかなと思います。初めは「僕が出場することで負けてしまったらどうしよう…」と心配でしたが、今は良い意味で慣れてきたし、もっと結果を残せたんじゃないかと反省もしています。それと、今シーズンに入ってからは大きなケガなどが続いて理想的なコンディションを保てていないので、これから挽回していきたいです。

―自分自身で一番成長を感じる点は?
性格面ですかね。僕は人見知りで、最初はチーム内でもあまり人に話しかけられなかったんです。ですが、ポジション的にも前後の声をしっかり聞かないといけないことを痛感して、僕からも積極的に皆に話しかけるようになりましたし、周りからの声も受け入れるようになりました。ありがたいことに優しい先輩方にも恵まれていますし、「成長するためには何が必要か」ということを常に考えています。

―コミュニケーションが重要なポジションですが、チームの一員としてはどのような役割をっていると思いますか?
ヴィッセルにはベテラン選手が大勢いるので、若手の出場機会がまだまだ少ない。だからこそ、もっと下からの突き上げが必要だと思っています。ベテラン勢を脅かすくらいの選手が若手から出てきても良いのかなと。その先頭を切るのは自分だという使命感をもってプレーしています。日本代表や海外のワールドカップを経験してきた選手も多い中で、そこに劣らないプレーをしていきたい。1人のサッカー選手として、ライバルがたくさんいるクラブに入れたことはすごく刺激になっていますし、自分の成長に繋げていきたいです。

goke01