ozurando1

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』より波瑠、西島秀俊にインタビュー

10月26日公開の映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は、悩み、迷いながら奮闘する主人公の姿に、働いた経験がある人なら誰しもが共感する“お仕事エンターテインメント”。彼氏と同じ一流ホテルチェーンに就職するも田舎の遊園地に配属されてしまうヒロイン・波平(なみひら)久瑠美を波瑠さんが、皆から“魔法使い”と呼ばれ慕われるカリスマ上司・小塚慶彦を西島秀俊さんが演じる。遊園地を舞台に、“頑張るアナタにポジティブな魔法をかける”ハートフルな本作の見所をお2人に語ってもらった。

―小森陽一さんの「オズの世界」を原作に映画化された本作。ヒロイン・波平久瑠美の名前に「波」と「瑠」の漢字が使われているように、元々波瑠さんをイメージして描かれたキャラクターだそうですね。
波瑠 撮影初日に小森先生がいらしていて、その時に初めて知りました。役の名前を見てすごい珍しい名前だなとは思っていたんですけど、それを聞いてびっくりました。少し前の映画に出ている私を見てイメージしてくださったそうで、ありがたいですね。小森先生には生意気な感じに見えていたんだなぁと(笑)。

 ―意外にも今回が初共演ということですが、お互いの印象を教えてください。
波瑠 今までお会いしたことがなかったので、テレビで見る西島さんのイメージで、ちょっと怖いというか寡黙な印象だったんですが、いざ実際撮影が始まるとすごく明るくて親しみやすい方だなと思いました。印象はガラッと変わりましたね。
西島 波瑠さんは元々クールな印象だったんですが、実際お会いすると全然違いました。人懐っこいし、フフっていつも思い出し笑いをしているし、相当面白い方です(笑)。

西島さんが演じている小塚さんを見て
「小塚さんってこんな方なんだろうな」
という説得力がありました

―近年クールな役柄が多かった西島さんにとって、ずっと優しい笑顔で微笑んでいるような今回の役柄は新鮮だったのでは?
西島 確かに最近は公安、捜査一課、武士とフィクション度の高いクールな役柄を演じることが続いていたので、今回は自分の素に近いところで演技ができたかもしれないですね。
波瑠 西島さんが演じている小塚さんを見ていて「小塚さんってこんな方なんだろうな」という説得力がありました。
西島 この人めちゃくちゃデリカシーないし、僕はこんな変な人じゃないですよ(笑)。
波瑠 私は小塚さんを変な人だと思っていないですし、だいたいの男性はデリカシーないと思いますよ(笑)。
西島 そんなことはないでしょ(笑)。

©小森陽一/集英社 ©2018 映画「オズランド」製作委員会

©小森陽一/集英社 ©2018 映画「オズランド」製作委員会

独特なアットホーム感が素敵で、面白かったです 

―実際に熊本県にある遊園地「グリーンランド」を舞台に、営業中に撮影が行われていたそうですね。
波瑠 売店のスタッフさんにも最初は「ワー!キャー!」言われていたんですが、だんだん何のリアクションもされなくなりました(笑)。撮影している風景も溶け込んでいくというか、皆見慣れていっていましたね。
西島 撮影もアトラクションの1つ、みたいな。あと、印象的なことで言うと、閉園後の真っ暗な遊園地で撮影するはずが、あるアトラクションだけなかなか電気が消えなくて「あれ?」ってなりました(笑)。
波瑠 トラブルで園内のイルミネーションがつかないというシーンがあったのですが、真っ暗でないといけないのにカラフルな噴水がパッてついちゃうとかね(笑)。それは、それぞれのアトラクションにオーナーさんがいるという珍しい遊園地で、管轄がそれぞれなのでスタッフの方々が自分たちのペースでやられている、ということだそうです。
西島 アトラクションの数は日本一ですごいたくさんあるんですけど、中には手作りっぽいのものもあったりして、独特なアットホーム感が素敵で、面白かったです。

―悪い人が1人も出てこないという本作、やはり撮影中も終始和やかな雰囲気だったのでしょうか?合間の時間などに遊園地を満喫するなんていうことも?
波瑠 キャスト、スタッフさんをはじめ、グリーンランドの方々もあたたかくて雰囲気はすごく良かったです。アトラクションも「乗っていいよ」とおっしゃってくれていたのですが、実際に遊びに来られている方々と同等に楽しむのは違うなと思ったので撮影期間中は我慢しました。
西島 濱田(マリ)さんも「スタッフとしてのプライドが芽生えていたので、乗る気にはなりませんでした!」っておっしゃっていましたね(笑)。

ozurando3