inazumasamune2

ロックバンド『THE イナズマ戦隊』上中丈弥(Vo)にインタビュー

誰かのために歌えるなら最高です

―では、40代を迎える心境は?
大人として背負っていくものが増えてきますが、それを背負いながらも胸を張って生きていきたいですね。経験してきたことがそのまま歌になるバンドなので、これからもいろんなことを吸収しながら、気負わずに楽しんでいこうと思っています。

―上中さんにとっては「もう」20年、それとも「まだ」20年?
どっちも言えますね。大学生の時に結成して気が付けば20年以上経っているし、当然それだけ歳もとっているんだなと。目まぐるしく変わるこの音楽業界で必死に這いつくばって生きています。それも全て応援してくれる人たちのおかげ。皆さんの応援がなかったら20年もやってないし、やる意味ないやんって思います。僕たちが今でもこうして表現できるのは共感してくださる皆さんがいるからこそ。誰かの応援歌になる、誰かのために歌えるなら最高です。
IMG_3555

 

―自分たちを褒め称える歌であり、聴く側の皆さんの応援歌でもあるということですね。

それが僕たちがバンドを続けている意味であり1つのテーマでもあるので、そうなると嬉しいです。「生きてりゃいいことあるよ」って歌うには歌う側が必死で生き続けないといけない。それを表現するかしないかの違いで、皆さん必死に生きていると思うし、それこそが勲章なんです。

―ライブでも皆で盛り上がる光景が想像できます。
すでにライブでやっているんですが、めちゃくちゃ盛り上がりますよ。みんな勝手に歌ってくれるし、若い子たちも「良い!」って言ってくれる。一生懸命歌わないと速くて着いていけない曲なんで、40代が必死で歌っている感じが良いんじゃないでしょうか(笑)。