oji_bn

王子公園周辺エリア おでかけ&アートDAY

 

秋が深まり、気ままな散歩や観光をするのに最適なこの季節。今年は、王子公園周辺エリアへおでかけしてみませんか?動物園や美術館、おいしくて絵になるごはん、高架下に広がるアーティストのこだわり空間など、ちょっぴり“アート”な1日を始めましょう。

 

1.パンダのタンタンなど人気動物たち〈神戸市立王子動物園〉
2.ユーモラスな「在庫一掃大放出展」〈横尾忠則現代美術館〉
3.ジューシーハンバーガーとシフォンサンド〈クロドニー〉
4.まろやかでスパイシーなあいがけカレー〈マンドリルカレーデポ〉
5.町の中の古本屋さん〈古本屋ワールドエンズ・ガーデン〉
6.唯一無二の美しい傘〈Coci la elle(コシラエル)〉

丸顔とちょっぴり短い足がかわいい!パンダの「タンタン」はじめ、人気者の動物たちに会いに行こう〈神戸市立王子動物園〉

 

IMG_7566

愛らしい表情のタンタン、ゆったりマイペースに動く姿はまるでゼンマイ仕掛けのおもちゃ!?

王子公園周辺エリアといえば、まず駅を降りてすぐの「王子動物園」。約130種800点の動物と出会え、「ジャイアントパンダとコアラを一緒に見ることができる日本で唯一の動物園」としても有名です。

 

IMG_7589

お食事中はまるで人間のおじさんのよう。笹よりも実はリンゴやニンジンなどが好きなのだそう。

 

IMG_7558

タンタンおやすみ中。仰向けからの…

 

IMG_7554

ごろーん、むにゃむにゃ。なんとも気持ちよさそう!

王子動物園不動の人気No.1といえばもちろんパンダの「タンタン(旦旦)」。小柄な体に愛らしい丸顔とちょっと短足がチャームポイント、性格は少しシャイでマイペースな23歳の雌パンダ。のんびりと過ごしていることが多いものの、毎日4回の食事タイムでは大好きなニンジンを頬張り活発に動く姿を見ることができます。

※食事タイムは10時、11時45分、13時半、15時に開催予定(動物の体調等により観覧を止めることや、時間がずれることも)。

 

IMG_7503

雌のアジアゾウ「ミドリ」ちゃん。好奇心旺盛で、雄ゾウ・マックに対してもなかなか積極的な女子なんだそう。

IMG_7506

こちらは雄ゾウのマック。取材時には大きな丸太を垂直に立てて遊んでおり、そのスケールの大きさにびっくり!

ゾウ舎には今年7月に宮崎県からアジアゾウの「みどり」(上)が、雄のゾウ「マック」(下)との間で繁殖に取り組むべく来園しました。最初は好奇心旺盛で積極的なみどりに戸惑いぎみだったマック、しかし最近は仲の良い2頭の姿が見られるようになったそう。アジアゾウでは日本最大級の大きさだというマック、近くに寄ってきたときの迫力はぜひ実際に見て体感してみて。

 

これからの時期に見るべき!オススメのニューフェイス動物&スポット紹介

まずは、今年5月に名古屋からやってきたコアラの「ピーター」。活発で“イケメン”コアラとしても評判なんだそう。

IMG_7685

「こんなにもアクティブに動くコアラは初めて見た!」と筆者&カメラマンで盛り上がるほど、素早い木登りを見せてくれたピーターくん。

 

IMG_7675

この横顔…なかなかにイケてます!

 

 

10月15日に生まれたシタツンガの赤ちゃんも公開中。運が良ければ親子で寄り添う姿が見られるかも。

IMG_7696

10月に生まれたばかりのシタツンガの赤ちゃん(手前)。ちっちゃくて、大人よりも毛がふわふわしていてかわいい!

IMG_7540

小屋の中で一休み中。なかなかのカメラ目線が決まっています!

 

IMG_7699

お母さんの「アスカ」(中央)と一緒だと大きさの違いがよくわかります。アスカは今回で4回目の出産となるベテランママ。

 

IMG_7621

こちらはカピバラの三つ子。「ふれあい広場」で兄弟仲良くのんびり過ごしています。

IMG_7627

ふれあい広場ではうさぎやモルモットを抱っこして触らせてもらえます。うさぎの毛はふわっふわ!

IMG_7534

雄2頭、雌1頭が飼育されている王子動物園のキリン。実は雄同士がカップルなのでは!?と噂されるほど、仲が良いのだとか。

 

IMG_7535

手前の二ノ宮金次郎像は飼育員さんの私物だそうです(笑)。

IMG_7661

かわいいレッサーパンダの熱愛現場に遭遇!?鼻をペロっと一舐め。

IMG_7652

「パンダだけじゃなくレッサーパンダもかわいいんだから!」とでも言いたげですね。

IMG_7700

あられもない姿でお休み中のカンガルー。セクシーポーズですが、ちなみに性別は雄です。

 

王子動物園内には「旧ハンター住宅」も

また、園内にふれあい広場や遊園地、動物科学資料館なども併設、神戸の異人館の一つ・重要文化財「旧ハンター住宅」も敷地内にあり、入園者を対象に期間限定で公開中。

IMG_7701

IMG_7703

実は旧ハンター住宅は、映画『鋼の錬金術師』の劇中でエドやウィンリィ、アルが過ごした“タッカー邸”のロケ地として使われていました。

 

施設名 神戸市立王子動物園
所在地 神戸市灘区王子町3-1
TEL 078-861-5624
営業時間 〈11~2月〉9:00~16:30
定休日 水曜日、年末年始(12/29~1/1)
料金 大人(高校生以上)600円、中学生以下無料
アクセス 阪急「王子公園駅」から徒歩約3分
ウェブサイト http://www.kobe-ojizoo.jp

 

 

掲載情報は2018年11月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。