347-header

ヴィッセル神戸 大槻周平選手 インタビュー

ネルシーニョ監督のもと、好調に勝ち点を増してきているヴィッセル神戸より湘南から今季完全移籍加入したFWの大槻周平選手にインタビュー。

タイトルを獲りたいという思いで神戸に来た

―開幕からの4連勝など、好調のヴィッセル神戸ですが、チームの様子はいかがでしょうか?(4月4日取材時)
勝っていることもあり、監督も選手もいい雰囲気で練習ができています。勝ったとしても浮き足立つことなくしっかり課題を見つめ直して、地に足をつけて毎回試合に挑んでいることが結果につながっていると思いますね。

―以前在籍していた湘南と神戸で違いを感じることは?
守備の仕方や攻撃の形は違いますね。練習や練習試合を含めた実戦でだいぶ神戸のサッカーがわかってきたので、違いはあってもその分色んなサッカーを学べていて、充実しているなと感じています。神戸は守備は堅くてショートカウンターも鋭いですし、以前からのイメージ通りでした。今年は特にボールも繋げているのでそこは去年との違いかもしれないですね。

―今後の目標と課題は何ですか?
僕もタイトルを獲りたいという思いで神戸に来たので、個人として結果を残すことも大事ですがチームとしてタイトルを獲るという目標にしっかり貢献できるように頑張りたいです。シュートまでの形や自分でゴールまで持っていく形をもっと増やしていかないと、得点はなかなか取れないと思うので、そういうところは自分の中の課題ですね。僕は前線の選手なので豊富な運動量で動きまくって得点を取るといった、前線の起点になるようなシーンをサポーターの皆さんに見てほしいと思います。

―大槻選手は京都出身ということですが、関西のチームでのプレーはいかがですか?
チームメイトがやたらいじってきますね(笑)。湘南の時もいじられていましたが神戸はそういう関西ノリが激しめで、なんとか頑張っています。後輩からも名前を呼び捨てにされてますし、特に岩波がいじってきますね。

―もう神戸にすっかりなじんでいますね(笑)
そう捉えてください(笑)。チームになじめなくて悩む、なんてことは絶対ないですね。ホームでの試合は地元の友達や家族が毎回来てくれていますし、そういう意味で親孝行もできているのかなと思います。みんながスタジアムに来て身近に応援してくれて、メールもくれるので心強いです。すぐ一緒にご飯にも行けますし、いいリフレッシュにもなっていますね。

―オフの日の気分転換方法やよく行く場所は?
嫁とランチしたり、買い物に行ったりしています。神戸ではまだ三宮くらいしか行けていなくて、逆にオススメを教えてほしいくらいです。有馬温泉は行きたいですね。やっぱり身体が疲れますし、近いのでぜひ行ってみたいですね。

―最後にメッセージをお願いします!
タイトルが獲れるように僕たちも必死に頑張っているので、ぜひノエビアスタジアムに足を運んでいただいて応援していただきたいです。よろしくお願いいたします!

shuhei_otsuki52

©VISSEL KOBE

 

 

大槻 周平 Shuhei Otsuki
1989年5月26日生まれ、京都府出身。湘南から今季完全移籍加入、「前線で献身的に動き回り、泥臭く点を狙い続ける」ことのできる、ハードワークを惜しまないストライカー。湘南では前線の核として、プレッシングサッカーの起点となっていた。勝利のために全力を尽くす姿勢で、攻守にハードに奮闘するFWがヴィッセルに新風を吹き込む。   178cm/73kg