shirano3

舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』白洲 迅インタビュー

愛してやまないもの「ラーメン」
最近は二郎系にハマって
ます

―愛の物語が描かれる本作にちなみ、白洲さんの愛してやまないモノを教えてください。
こればっかり言っているのですが、「ラーメン」ですね。最近はこってりの二郎(ラーメン二郎)系にハマっていて、京都にも新店ができたらしく、行きたいんですよ。地方公演の時は、付近のラーメン屋を調べて空き時間に行っています。以前大阪に来た時は、ラーメンの激戦区である福島に一人で食べに行きました。神戸にも美味しいラーメン屋さんはありますか?(記者:神戸では、老舗のラーメン店「もっこす」がオススメです)聞いたことあるかも!今回の兵庫公演でぜひ食べに行きたいですね。

shirano4

―基本はインドア派だけど、数年前からロードバイクにハマっているとか?昨年「広島・尾道で1人旅がしたい」とおっしゃっていたそうですが、実現しましたか?
尾道には行ったんですけど…自転車には乗らなくて(笑)、レンタカーで回りました。“サイクリストの聖地”「しまなみ海道」を通って四国にわたり、各県で美味しいものを食べる旅に行ってきました。やっぱりその景色を見ると自転車で走りたくなりましたね。四国が本当に良かったのでもう一度行きたいです。正直、目的のものを食べてまわるという感じで景色より食べ物に夢中で(笑)、愛媛で鯛めし、高知でとんかつ、徳島で徳島ラーメン、香川でうどんと骨付き鶏を食べました。自転車は一年くらい乗っていなかったんですけど、また最近再熱しつつあるので景色のいいところに出かけたいですね。

―では、最後に本作への意気込みをお願いします。
吉田鋼太郎さん、黒木瞳さんと初めてご一緒できるということで、恐れ多いですが、楽しみながら稽古に励みたいです。打ちひしがれることもあるかもしれませんが、お二人の強いエネルギーを間近で感じて学ばせていただきながら、盗めるところは盗むという心構えで臨みたいです。久しぶりの舞台なので、稽古も含めて舞台の楽しさを感じながら、一からの挑戦、新鮮な気持ちで頑張りたいなと思っています。古典の作品ですが身近に感じられる作品になると思います。僕なりに愛されるクリスチャンを頑張って演じますのでぜひ観に来てください。

shirano5

 舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』

shirano1

剣豪シラノの生死を賭けた愛の物語
剣豪にして詩人、権力に背を向ける熱血漢だが、自分の醜さを恥じ、愛を告げられない「シラノ」。非の打ちどころがないほどの麗しい才女だが、愛の詩に酔いしれ、盲目的な愛に突き進む「ロクサーヌ」。その姿はさわやかで美しいが、あふれる愛を言葉にできない「クリスチャン」。恋の虜となった3人の行く末は…。

エドモン・ロスタン
上演台本 マキノノゾミ、鈴木哲也
演出 鈴木裕美
出演 吉田鋼太郎、黒木瞳、大野拓朗・白洲迅、大石継太、石川禅、六角精児 ほか
兵庫公演 2018年6月8日(金)~10日(日)
劇場 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(西宮市高松町2-22)
チケット 12,500円 (全席指定・税込)
問い合わせ 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  TEL 06-6377-3888
公式サイト http://www.umegei.com/

白洲迅 Jin Shirasu
1992年11月1日生まれ、東京都出身。2011年に舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。近年の主な出演作品は、舞台『花より男子 The Musical』、ドラマ「愛してたって、秘密はある。」、「明日の約束」、「明日の君がもっと好き」、Netflix「僕だけがいない街」、映画「リバーズ・エッジ」など。6/2に映画『EVEN~君に贈る歌~』が公開される。