logo

案内人といく!明石食いだおれツアー

激安・激ウマ!サラリーマンの味方 PON×KOTSU

コメント8 (2)

IMG_1491

たくさんの働く男性で賑わう店内には明るい笑い声が響いていました。

いつかは自分の店を持ちたいと願い続けた店主・山口さんが満を持してオープンしたPON×KOTSU(ぽんこつ)さん。ディープな雰囲気の店内に立ち入ると、すでにサラリーマンで大賑わい。メニューを見ると一品350円からという値段設定にびっくり!元勤め先の松庄さんから破格のお値段で魚を仕入れているのがリーズナブルさの秘密なのだとか。

IMG_1486

さっぱりおいしい「大人のガリチュウ」を「これこれ!」と言わんばかりにグビグビ飲んでいます。

豊富なお酒のラインナップも嬉しく「このチューハイ何味なん!?」と聞きたくなるたのしいメニュー名に会話も盛り上がります!橋本さんがいつも飲むという「大人のガリチュウ」はその名の通りガリがたっぷりと入った甘酸っぱい爽やかな味。もちろんガリなので魚料理との相性もバッチリ!

IMG_1497

甘辛な味付けがなんともたまらないイイダコの煮付は思い出すだけで生唾もの。

この日松庄さんで脱走するほど元気な姿を見せていたイイダコを甘辛く炊いた「明石子持ちイイダコ煮付」。しっかりと味の染みたイイダコは柔らかく、なんともお酒の進む味。子のプリプリ感も楽しめ、新鮮さがうかがえます。

IMG_1500

ふわふわで旨みがギュッとつまった鯛肝刺しを食べればもうお酒が止まりません。

「活鯛肝刺し」はしっかり処理を施した鯛の肝にごま油と塩を付けていただきます。いわゆる鳥のレバ刺しと同じ食べ方ですが、ふんわりとろける舌触りは唯一無二。ごま油と塩が効いて、おいしくないわけがない一皿!ぎゅっと詰まった鯛の旨みを感じられる肝刺しは必食です!また、この日は残念ながら売り切れていた、焼き穴子とたくわんを和えた「穴しん」が橋本さんのイチオシ!

IMG_1498

音楽が好きな店主の趣味で、店内にはビートルズのレコードジャケット、海外アーティストのポスターやグッズがずらり。

「毎日通っています!山ちゃん(店主)がさぼってないかパトロールしに来てるんです。」と語る常連さんは、多いときは1日に2度も来るほど!店主の人柄も人気の秘密なんですね!

PON×KOTSUの味を守るお料理上手な奥さんとの夫婦のやりとりも楽しく、初めてでも常連さんたちと盛り上がることもできるアットホームな雰囲気。笑い声に溢れる賑やかな店内で味わえるコスパ◎のお料理で、明石の夜をたっぷり堪能。

IMG_1494

「うちのママの料理をみんなに食べてほしいんです!」と語る山口さん。

コメント9

「はじめは入りにくくても、一度来ると入りやすいと思います!気軽に立ち寄ってもらえれば」と語る、愛され店主の山口さん。地元の人と肩を並べて過ごす明石の夜、地のものをリーズナブルに頂ける貴重なお店です。

店名 PON×KOTSU
住所 明石市本町1-6-5
営業時間 18:00~24:00(日曜は14:00〜)
定休日 土曜

 

×イキってる ○活きってる

「やってることは一流やのにすごくフラットに接してくれる、尊敬できる人が多い街です。」と橋本さん。また、明石は三ノ宮から新快速で14分と好アクセス。「三宮や大阪に比べて安くておいしいお店がたくさんあるのでもっと気軽に明石に遊びに来てほしいですね。特に魚の棚は明石駅から歩いてすぐ!活気のある市場と駅、人の住む街が近いのも魅力やと思います。」と笑顔で語ってくれました。

コメント10

今回橋本さんに案内してもらったお店の方はみなさん、とっても気さくですが強いこだわりを持って真摯に取り組む「仕事人」ばかりでした!明石の潮風とおいしい食事、素敵な人たちに出会って気分もリフレッシュ。明日からがんばろう!と前向きな気持ちになれるパワースポット的な街でした。

開業予定のコーヒーロースターについて「地元の人が気軽に高品質なコーヒーに出会える場所を作りたい!コーヒーを通して街の顔になれるような店を作りたいです」と橋本さん。彼もまた「未来の仕事人」。とっても気さくで話すとホッとする、パワースポットのような人。明石っ子の気概溢れる橋本さんのお店ができた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!