チョコレート博覧会

バレンタイン特集2018 チョコレート博覧会

ロシアの伝統を受け継ぐ、愛されチョコレート

Chocolatier Baranoff(ショコラティエ バラノフ)
〈神戸 元町〉

baranoff07

ロシアの老舗チョコレート店「バラノフ」が100年の時を越え、神戸にショコラティエをオープン。「みんなに愛されるチョコレート」をコンセプトに、一つひとつ手づくりで生み出されるトリュフ・プラリネはなめらかな舌ざわりの繊細な味。お酒を使ったチョコレートも種類豊富に揃い、日本酒やウイスキーはもちろん、テキーラやラム酒、柚子リキュールを使ったものも。

baranoff01

マトリョーシカのイラストがかわいい、バレンタイン限定パッケージ。

baranoff02

「トリュフ&プラリネ」 6個入り 2,280円(税込)

(左上から時計回りに)

◇ミルククリーム
優しい甘さのミルクチョコレートがとろっととろけるトリュフ。

◇フランボワーズ
ビターチョコと合わせたフランボワーズピューレがほのかに甘酸っぱい一粒。

◇ビター
ほろ苦いビターチョコレートが上品な大人の味。

◇ヘーゼルナッツクリーム
ヘーゼルナッツとミルクチョコレートを合わせたプラリネが中からとろり。

◇バニラ
バニラの芳醇な香りが口いっぱいに広がるホワイトチョコトリュフ。

◇ピスタチオ
イタリア産ピスタチオの風味豊かなガナッシュを包むオシャレなグリーンのハート型。

〈その他の商品〉

baranoff03

お酒の入ったトリュフが種類豊富に揃うのも特徴。

イートインスペースあり。ただし、バレンタイン期間は混雑のためテイクアウトのみ。

イートインスペースあり。ただし、バレンタイン期間は混雑のためテイクアウトのみ。

baranoff05

 

en

「ロシアの老舗チョコレート店」と聞くと思わず「格式高そう…」などと身構えてしまいますが、オーナーシェフ・バラノフさんが日本人を意識し、丁寧に作られたチョコレートはどれも本当に食べやすいお味。トリュフはとろりとした柔らかな食感が格別で、中でも私が特に感動したのがバニラのトリュフ。口に含んだ時に極上のバニラの香りがふわっと広がります。店頭ではチョコレートのおいしさを閉じ込めたソフトクリームも販売、こちらも人気だそう。

〈店舗情報〉

TEL 078-599-9733
所在地 神戸市中央区栄町通3-6-16
アクセス 海岸線みなと元町駅から徒歩2分
営業時間 13:00~20:00
定休日 月曜日
ウェブサイト https://www.baranoff.jp/
掲載情報は2018年2月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。