城田2

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』城田 優に独占インタビュー

1994年に公開され、米アカデミー賞7部門にノミネートされた名作映画『ブロードウェイと銃弾』を、監督を務めたウディ・アレンが自ら脚色しミュージカル化。2014年のブロードウェイ版に続き、日本版の上演が決まった。本作は、1920年代のニューヨークを舞台に、主人公の劇作家・デビッドが自分の戯曲をブロードウェイの舞台として成功させるために奮闘するコメディ作品。日本版では、「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画『銀魂』で知られる福田雄一さんが演出を手掛け、デビッド役で浦井健治さん、チーチ役で城田優さんが出演する。強面ながら実は舞台を愛し、舞台の成功に向け助言をするギャングを演じる城田優さんに、アップテンポな音楽やダンスがふんだんに盛り込まれた本作の見所や意気込み、そしてミュージカルに対する想いなどを伺った。

―本作の原作となる映画はご覧になられましたか?
面白かったです。爆笑という面白さではなく、個性あふれるキャラクターがいっぱいいて、それぞれのキャラクターが立っていて、それが混ざり合ってすごく“変な形”になっていくんですよね。劇作家のデビッドが手掛ける舞台の出資者としてプロデューサーが見つけてきたのがギャングのボスで、自分の愛人オリーブを「主演にしろ」と要求して、僕が演じるチーチをその愛人の監視役として劇場に行かせるんですけど、チーチはなぜか途中から演出家に口出しするようになって…、その先はネタバレになるので言えませんが、最後には…という感じです。物語がすごく滑稽で、チーチ自身が芝居にのめり込んでいく様とか、提案しているところも観ていてすごく面白いなと思いました。「え、うそでしょ」っていうね(笑)。舞台では、音楽が加わるので、どこでどういう音楽が入るのかなとワクワクしながら観ていました。

—11月に都内で行われた製作発表会で初めて共演者の方々と顔を合わせたとか?
初対面の方もいらっしゃいましたし、皆さんと軽くお話して「来年の1発目はこれだな」っていう実感が湧いてきました。皆さん、役柄にぴったりですよね。(前田)美波里さんが演じる主演女優・ヘレンは、デビッドと恋仲になるので楽しみだというのと、平野綾さんが演じるキンキン声のオリーブ(ギャングのボスの愛人)は、声優さんとして活躍されているときのような声が聞けると思うので非常に楽しみですね。今回、僕は色恋一切ないです。あっ!今気づいたけど、2010年からの作品では全部キスシーンがあったので、恋愛に絡まない役は本当に久しぶりですね!

「殺す」と「食べる」を
同じテンションで言っちゃう滑稽さ

—本作はコメディ・ミュージカルということで、福田さんの演出がどう加わっていくのかがとても楽しみですよね。
福田さんとは映像でご一緒したことがあって、福田さんの作品に出るとついついアドリブを出したくなっちゃうんですけど、この作品は爆笑させる笑いではなくて、滑稽さが面白い作品なので今回それはなしで行きます。もちろん、福田さんがどういう風にアプローチされるかにもよりますが、求められない限りは笑いを取りにいこうとか意識せず、「ギャングで強面で口数も少ないけど実は舞台が好き」という単純にチーチという役の中での面白さ、クスクスと笑える要素を見せられたらいいなと思っています。はじめから低いトーンのまま変わらず、「殺す」と「食べる」を同じテンションで言っちゃう滑稽さがあると面白いかなと思っています。ミュージカルとしては初めての福田作品なので、キャラクターとしてどこまでやるべきなのか、様子を見ながら全体とのバランスをとっていきたいですね。福田さんの稽古は聞くところによると、前半は自由に演技させて、ダメ出しとかもなく福田さんが笑い続けていて「これ稽古なのかな?」っていう時間が続き、後半で急にスイッチが入ると聞いています。どんな感じになるのか楽しみですね。