瑛太井浦サムネイル

映画『光』井浦 新 × 瑛太にインタビュー

―井浦さんは、大森監督に「瑛太くんと共演できるような作品に参加したい」とおっしゃっていたとか?
井浦 瑛太くんの芝居を見て興味を持って、インタビューも読ませていただいて人間味の部分で面白いなと思いました。いろんな作品でそれぞれの人間を背負って演じられていて、その役柄がちゃんと生きているように見えたんですよね。そんな姿を見せられたら、同じ生業としては瑛太くんとちゃんと向き合ってみたいなと思うようになりました。慣れ親しんで毎日毎日酒を飲める仲間にはなれなくとも、瑛太くんとは一生残るような作品で一緒にやってみたいという気持ちがあって、そしてそれは大森監督の作品でありたいなと思いました。今まで誰かにそんな風に思ったことはなかったんですけど、瑛太くんにはそういう思いにさせられる何かがあるんですよね。それはきっと、「こうだから」って言葉で表せるものではなくて、瑛太くんが持つ計り知れない魅力に突き動かされたのだと思います。

光4

―瑛太さんも以前から井浦さんとの共演を望まれ、本作を撮り終えて「とにかく刺激的だった」とお話されていましたが。
瑛太 まず新さんと共演できるということだけでも刺激的でしたし、この映画の宣伝にあたって一緒にいる時間も刺激的です。もちろん現場でも刺激的で、新さんが今何を感じてらっしゃるのかなとか、新さんの機微に触れて、お芝居の概念を壊していけるような、お芝居を越えるいろんなことが起きたんですよね。このシーンはこういう意味合いだからこうしないといけないとか、単にそのシーンを成立させるだけじゃなく、そういったところを超えて人対人としてぶつかって、本当に頭で考えて動くとかじゃないところまでいけた気がします。感覚のぶつかり合いみたいな、すごく楽しかったですね。

光5