koberin

便利な神戸のコミュニティサイクル コベリンで巡る「アート・グルメ コベリン旅」


昭和初期建築の旧生糸検査所 デザイン・クリエイティブセンター神戸 (KIITO)

B30R7543

神戸に現存するレトロ建築のうちのひとつ。ゴシック様式の装飾が美しい。

1927年に輸出生糸の品質検査を行う施設として建設された、神戸市立生糸検査所。大正から昭和初期にかけて盛んだった生糸の輸出に欠かせなかったこちらの施設は、その後役目を終え、2012年8月に新しい価値を生み出す創造の場として生まれ変わりました。

B30R7529

たっぷり光の降り注ぐ階段。

建築当時のゴシック様式の意匠をところどころに感じることができる館内。中には様々な企業のオフィスなどもあり、静かで文化的な雰囲気。館内の生糸検査所ギャラリーでは当時の様子を学ぶことができます。

B30R7523

生糸の切断回数を調べる再操切断機。レトロな機械が間近で見られるのも魅力。

また、ビートルズの貴重な資料を展示する「THE PENNYLANE KOBE」では展示を見ながら優雅なティータイムを過ごすことも。屋外の駐車場ではビートルズ縁の地・リバプールを実際に走っていた真っ赤なロンドンバスを展示。

B30R7496

まだ現役で走れるというロンドンバスはまぶしいほどの赤!

土日には神戸市内を走行していることもあるそうなので、運が良ければ走るロンドンバスとすれ違うことができるかも。コベリンと同じ真っ赤な車体に思わずパシャリ。最高のフォトスポットです!

施設名 デザイン・クリエイティブセンター神戸 (KIITO)
所在地
定休日 月曜日(祝日、振替休日の場合はその翌日)
年始年末 12/29-1/3
OPEN 9:00~21:00
webサイト http://kiito.jp/

 

グルメスポット

からだにやさしくおいしいランチ KIITO CAFE

B30R7489

検査機械もおしゃれなアンティーク家具風に。

旧生糸検査所時代の検査機械や家具をそのまま利用した「KIITO CAFE」はKIITO内のとってもおしゃれなカフェ。武骨な機械と木目の床、シンプルな内装が絶妙にマッチしたすてき空間。

B30R7568

フレッシュな野菜をお昼からたっぷり摂れる嬉しいランチ。

兵庫県を中心とした地元の新鮮な野菜をふんだんに使用したランチが人気のこちらのカフェ。色鮮やかなサラダがたっぷり頂けるのは嬉しいですよね。ランチの内容は曜日ごとに代わり、この日は「オムライスの日」。今回のオムライスは風味豊かなきのこたっぷりのソースが半熟のふわとろたまごと絡み合ってコクのあるまろやかな味。ライスの中にも刻んだお野菜が彩り豊かにたっぷり入って、食べ進めるたびに宝物を見つけた気分に。

B30R7564

お野菜たっぷりのランチと静かな空間で過ごす癒しのひととき。

他にプレートランチやパスタランチを楽しめる曜日もあり、毎日通いたくなります。その日のランチの内容は同店のinstagramからチェックできます。
また、毎月第3金曜日には「KIITO BAR」として夜営業も行っており、アルコールとそれに合うお料理を提供、お昼とはまた違ったロマンチックな雰囲気を楽しめそう。

店舗名 KIITO CAFE
所在地
定休日 日曜・月曜日
OPEN 火〜金曜日 11:30〜18:30, 土曜日 11:30〜14:30(L.O)
※イベント等により変更あり
instagram https://www.instagram.com/kiito_cafe/

 

【次ページ】 兵庫県立美術館へ。日本有数の建築家の巨大建築を肌で感じる

掲載情報は2017年10月30日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。