yoshitaka2

映画『ユリゴコロ』5年ぶりの映画主演、女優人生初となる役どころに挑んだ吉高由里子さんにインタビュー

沼田まほかる原作のベストセラー・ミステリー小説の映画化『ユリゴコロ』。殺人者の記憶が記された一冊のノートから始まるミステリーを入口に、過去から現代へと続く悲しみの連鎖の中で愛と宿命の渦に巻き込まれる男女を描きながら、生きることの尊さと美しさを熊澤尚人監督が映し出す。生まれながらに絶望的な喪失を抱え、生きることの苦しみと悦びに翻弄される主人公・美紗子(吉高由里子)は、深い心の傷を抱えた洋介(松山ケンイチ)との出会いによって「愛」を知るが、その先に待ち受けるのはあまりにも非情な運命だった—。5年ぶりの映画主演で女優人生初となるセンセーショナルな役どころに挑んだ吉高さんに、「死」を味わうことを心の拠りどころ(=ユリゴコロ)とする美紗子をどのように捉えて演じたのか、そして肉体的にも精神的にも過酷だったという撮影時の様子を語ってもらった。

―難役といえる美紗子役のオファーがきた時の心境は?
今までに演じたことのないキャラクターだったということと、物語が普通のラブストーリーではなく、どこか障害のある恋愛ものというところで「やってみたいな」と思いました。

yoshitaka3

美紗子とは共感できなくていい
客観的にイメージして作りやすかった

―一般的には理解しがたい美紗子の人間性をどのように捉えて演じられましたか?
この映画の取材で「役柄と共通する点はありますか?」と聞かれることが一回もなかったんですよね(笑)。美紗子とは共感できなくていい、むしろしてはいけないというか、彼女がやっていることを否定してもいいと思うくらいで。人間として全く違うベクトルだから、客観的にイメージして作りやすかったです。もちろん難しくはあったんですけど、等身大の役柄よりも想像して表現する方が具体的に方向性が見えた気がしました。監督からは「幸が薄くて今にも消えそうな雰囲気だけど、透明感のある感じでいてくれ」と言われていました。

―吉高さんがご出演された過去パートには、目を覆いたくなるようなシーンも多かったですが、やはり精神的にも過酷な撮影でしたか?
大変なシーンはいっぱいありましたね。去年の今頃撮影していたんですけど、ちょうど台風がきて晴れの日が全然なくて。「低気圧ってこんなにも重力を感じるの?」ってくらい心までも沈んでしまっていましたね(笑)。それがこの映画には合っていたのかもしれないけど。その中でも、(松山ケンイチ演じる)洋介とのダムのシーンが一番心が削られたかな。

―そのシーンは、自然に涙が出てくるような、とても心が締め付けられるシーンでした。
あのシーンにたどり着くまでに自分の中でも泣きそうな時、挫けそうな時がいっぱいあって、無意識のうちに心を削られていたみたいで。そういった中での撮影だったので精神的にも辛かったですね。肉体的には、やっぱり川に入るシーン。台風で濁流になってしまっていたので予定していた日に出来なくて、10月に撮ったんですよ。10月の川はとても冷たくて、凍えながら入っていました。